生後4カ月首がすわり。ママは授乳姿勢を改善【ママ助産師の初めて育児】

2019/05/18 14:30
4
助産師の新米ママ、宮川めぐみさんが、ご自身の初めての育児の様子や赤ちゃんの成長を公開記録! 今月は、生後4カ月の赤ちゃんと生活の様子を紹介しています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
育児あるある

生後4カ月の赤ちゃん

 

ベビーカレンダーの「助産師に相談」コーナーでおなじみ、宮川めぐみさんが2018年12月に長女を出産! 助産師の子育てって、どんな感じ? 育児のコツをのぞかせてもらいました! 毎月こっちゃんの1日の様子や成長をご紹介します。

 

生後4カ月、こっちゃんの1日

3:30 授乳

最近は授乳で起きて、そのまましばらく寝ないことが増えてきました。おしゃべりをしていたり、手足をよく動かしたりして、遊びがはじまります。なかなか寝てくれず、2時間ほど起きていることも……。明るくなるのも早くなってきたので、眠りについてくれるまで隣で日記を書きながらのんびりしています。

 

5:50 ねんね

ママは眠りにつけず気分がすっきりしなかったので、パパに寝ているこっちゃんをお願いして、1人で近所をお散歩。朝の空気が気持ちよかったりして、ざわざわした気持ちもすっきりしました。

 

7:00 家に戻り、朝食の準備

朝食の間にこっちゃんもちょうど起きたので授乳し、顔を拭いてきれいに。

 

9:00 こっちゃんと遊ぶ

鏡を見ている赤ちゃん

 

ご機嫌なこっちゃんとゴロゴロしながら遊ぶ時間。まだ寝返りはできないため、うつ伏せ遊びをしてみたり、アシストをして寝返りの練習をしてみたり。遊ぶときは動きやすいように、服のお股の部分のボタンは外しています。日によっては腹巻をすることもあります。

 

10:00 授乳

飲んでしばらくするとグズグズ、「眠いよ」の合図。 

 

11:30 ねんね

隣に寝転んだり、抱っこをしたりしているうちに、寝てくれることも増えてきました。寝てくれた隙に残っていた家事をして、昼食の時間に。

 

12:30 授乳 

しばらく一緒にゴロゴロ。ママもウトウトしながら様子を見ていました。

 

14:00 事務作業、洗濯物の片づけ

ソファに寝転がる赤ちゃん

 

こっちゃんに隣でゴロゴロしてもらいながら、ママは事務作業。ときどき様子を見ながら抱っこをしたり、おもちゃを渡して遊んだり。作業が終わったら、洗濯物を取り入れて片づけます。 

 

15:00 授乳、ねんね

 

16:00 お買い物

 

16:50  夕飯の支度

ママの姿が見えるところで横になっていてもらい、声をかけながら作ります。早くおんぶして家事ができるようになりたいです。

 

17:30 パパ帰宅

パパに抱っこしてもらったり、一緒に遊んでもらったり。パパとの触れ合いの時間です。

 

18:00 夕食、授乳

 

19:00  パパと一緒にお風呂

この間に、ママは夕食の片付けやお風呂上がりの準備をします。

 

20:00 ねんね

部屋を薄暗くして、授乳しながらねんねの態勢に。

 

21:30  ママお風呂

こっちゃんが寝たら、ママのバスタイム。その後はパパとおしゃべりしたり、仕事をしたり、貴重な自分時間。

 

23:00 ママ就寝

 

生後4カ月、今月の様子メモ

身長/体重

64cm / 6.3kg

 

■服のサイズ 

60~70cm

 

■おむつのサイズ

Sサイズ(日中は布おむつを使用、夜間のみ紙おむつ)

 

■睡眠・お昼寝の時間

夜は約10時間弱

お昼寝はトータルで約3時間

 

■授乳回数

母乳で8回

 

■おしっこの回数

7~8回前後

 

■うんちの回数

1~2回(まとめてするようになってきました)

 

■今月できるようになったこと・変化

・音の鳴るおもちゃを振って遊ぶようになった

・うつ伏せ遊びで頭を上げている時間がぐんと増えた(首がすわってきたよう)

・声を出してケラケラ笑うようになった

・膝のあたりを触っていたのが、足の指先を触れるぐらいまで足を上げるようになり、手もそれだけ伸ばせるようになってきた


生後4カ月の時期を振り返って

パパが仕事復帰し、こっちゃんと2人の時間が増えてきましたが、少しずつ慣れて生活の流れや動きが前よりもスムーズになってきました。こっちゃんが多少泣いていても、どうしても手が離せないときは待っていてもらう度胸もつきました!

そのときどきのこっちゃんの様子の違いにしっかり対応しながら、できることはする。けれど、無理はしない。自分のバランスや加減が分かってきた気がします。

 

また、自分の姿勢や体の使い方などを意識するようになりました。仕事で他のお母さんたちには授乳中の姿勢などについてお話させてもらうことも多いのに、自分はあまり気をつけることができていませんでした。

 

授乳中前かがみになってしまう姿勢をパパが指摘してくれて、改善法を提案してくれました。そのおかげで肩の力がうまく抜けたり、体の緊張を感じられたりするようになり、自分への意識と行動につながりました。

 

◆関連動画 正しい授乳姿勢(横抱き)

 

監修者

助産師 宮川めぐみ

特定非営利活動法人だっことおんぶの研究所認定 ベビーウェアリングコンシェルジュ


2001年京都第二赤十字看護専門学校卒業、2002年国立病院東京医療センター附属東が丘看護助産学校助産学科卒業。産科病棟にて約12年間助産師として勤務し、多くの妊産婦、褥婦、新生児のケアに関わる。2013年に退職後パリで数カ月過ごし、自分自身と向き合う。大切にしていきたいことなどに気づいて「lier」を立ち上げ、個人の活動を開始する。現在、東京23区内で新生児訪問、母乳育児相談を中心に母子のケアに携わる。

*ベビーウェアリングコンシェルジュとは、親子ともに安全で快適な抱っこやおんぶを指導します。素手だけでなく、各種道具(子守帯)を使っても実現できるように指導できる技術を有しており、専門の教育を受けた者です。世界中には60以上のベビーウェアリング・スクールが開設されています。日本ではだっことおんぶの研究所が主催する養成講座のみがベビーウェアリング・スクールとしてカウントされています。

 

だっことおんぶの研究所

 

ホームページ lier


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。