マンガ 体験談 かよポン

不妊治療で授かれなかったけれど…最後の決意 #双子出産体験談 1

43

2009年生まれの双子ちゃんのエピソードをブログやInstagramで公開しているかよポンさん(Instagram@kayoponkan)。不妊治療を経て双子を妊娠、出産するまでのエピソードを9回に分けてご紹介!

 

続きを読む

~ あらすじ ~

旦那さんと出会って半年でスピード婚。結婚当時仕事が忙しく、不正出血が何週間も続き婦人科を受診したところ、左右両方の卵管が詰まっていることが判明!

 

「自然妊娠は90%以上難しい」と告げられ、不妊治療を開始するも、出血が続き命の危険に……!

 

その後、顕微授精、体外受精を試みるも妊娠判定は陰性。一度赤ちゃんを諦めようとしたものの、やっぱり赤ちゃんが欲しい……!

 

不妊治療で授かれなかったけれど…

不妊治療で授かれなかったけれど…

 

自分の周囲の赤ちゃんや子どもの姿をうらやましいと思いつつ、「夫婦2人で過ごすのもいいかもしれない」。そんな風に思い始めた矢先に、義母の病気が再発しました。

不妊治療で授かれなかったけれど…不妊治療で授かれなかったけれど…

不妊治療で授かれなかったけれど…

不妊治療で授かれなかったけれど…

 

義母に……子どもの顔を見せてあげたい。

 

やってみてダメならそれでいい。
でも、やらずに諦めるのは嫌だ。
私にはまだ治療を頑張れる時間が残されている。
だから、やりたいんだ。
やってみたいんだ。

 

ついにダンナが「1回だけ……本当に治療はこれが最後、ダメなら諦めること」と、承諾してくれたのでした。

 

不妊治療で授かれなかったけれど…

不妊治療で授かれなかったけれど…

不妊治療で授かれなかったけれど…

不妊治療で授かれなかったけれど…

 

個人差はあるものの、私の場合採卵よりも、その前の洗浄が「ひぃぃーーっ!」と、
飛び上りたくなるほどの鈍痛で、永遠とも感じる時間を耐えに耐えました。

 

そのとき、看護師さんに「赤ちゃん欲しいんだったら頑張る!」と励まされたものの、「わかっとるわい!」と心の中で思い切り毒づいてしまった私でした。

そして、卵は無事、5つ採ることができました。

 


かよポンさんの育児エピソードはInstagramやブログなどから更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かよポン(@kayoponkan)がシェアした投稿 -

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター かよポン


2009年生まれの二卵性男女双子育児中の40代母。家族の出来事を4コマで。 趣味はキャンプ。不妊治療~双子出産、子育ての日常を描いたブログも人気!


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。