ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…結果は #双子出産体験談 4

2020/12/14 19:25
36
双子出産体験談第4話。最後と決めた不妊治療で卵を2つ移植。いよいよ妊娠判定日、結果は……?2009年生まれの双子ちゃんママ、かよポンさんの不妊治療から双子妊娠、出産エピソードをご紹介します。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
かよポン

2009年生まれの双子ちゃんのエピソードをブログやInstagramで公開しているかよポンさん(Instagram@kayoponkan)。不妊治療を経て双子を妊娠、出産するまでのエピソードを9回に分けてご紹介! 夫と「これが最後」と決めた不妊治療をおこなっています。

 

卵を2つ移植し、いよいよ妊娠判定日です!

 

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

 

診察を待っている間、期待と不安が入り混じり……。

 

そのとき、思い出したのは、夫の「2人でも楽しいじゃん!」という言葉でした。


そして……

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

ついに妊娠判定!ダメだったらどうしよう…

 

「妊娠していますね」と先生から言われて、頭の中に、その言葉の意味がじわじわ~っと伝わってきて……

涙がぽろぽろとこぼれました。


その後、双子ということを聞かされ、たくさんのうれしさとたくさんの責任が一気に押し寄せました。

 

紆余曲折あってようやく授かった命。

 

子どもを授かることがどんなに奇跡か、素晴らしいことか、あらためて実感しました。

 


待望の妊娠、しかも双子ちゃん! おめでとうございます! かよポンさんの育児エピソードはInstagramやブログなどから更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かよポン(@kayoponkan)がシェアした投稿 -

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター かよポン


2009年生まれの二卵性男女双子育児中の40代母。家族の出来事を4コマで。 趣味はキャンプ。不妊治療~双子出産、子育ての日常を描いたブログも人気!



この記事にいいね!しよう

いいね!
36

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。