医療 体験談 妊娠 病院 中絶手術

学生時代に妊娠、中絶。10年以上経った今感じていること【体験談】

2
59
学生時代に妊娠したものの産むことができず、中絶という選択をした女性の体験談です。中絶に至るまでの気持ちや当日の思い、中絶から10年以上経った今でも感じていることを紹介しています。

空を見上げる女性

 

学生時代に妊娠したものの産むことができなかったため、やむを得ず妊娠7週で初期人工妊娠中絶という選択をしました。中絶に至るまでの経緯や手術当日の複雑な思い、そして10年以上が経った現在の心境もお伝えします。

 

続きを読む

中絶という選択肢

大学4回生になる前の春休みに妊娠が判明し、パニックになりながら当時交際していた同級生の彼に伝えたところ、子どもを産み育てるのは無理だという返事が……。

 

地方で会社を営む彼の家庭は厳格で、「学生でできちゃった婚なんてしたら勘当される」とのこと。この状況で保身に走るなんて……と彼に幻滅する一方で、私自身もそんな彼との間の子どもをシングルマザーとして育てる覚悟も持てず、私たちは中絶という選択をしました。

 

大切なものを手放していく

中絶を決めた私たちは、周りに知られないように隣県の病院で手術をすることに。中絶手術は妊娠7週でおこなうことが決まりました。手術にかかる費用は約10万円。手持ちが足りず、当時私が大切にしていた中型バイクを売却して得た代金を一旦手術費用に充てて、あとで彼から分割で代金を支払ってもらうことにしました。

 

おなかの赤ちゃんも守れないし、私は何をやっているんだろう……と情けなくて虚しい気持ちでいっぱいでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 中絶する理由がくだらない 彼を保身と言っているが女性も充分保身に走っている。ただ中絶を人のせいにしたいだけ。 無責任で気持ち悪い。。 誰が一番の被害者を考えた方がいい。。 今が幸せだからいいのかもしれ… もっと見る
    中絶する理由がくだらない
    彼を保身と言っているが女性も充分保身に走っている。ただ中絶を人のせいにしたいだけ。
    無責任で気持ち悪い。。
    誰が一番の被害者を考えた方がいい。。
    今が幸せだからいいのかもしれないが女性の身勝手な考えに怖さを感じる
    +30 -10
  • 無責任
    +24 -10

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。