「自分だけの時間が欲しい!」誰にも邪魔されない解放感!ママのひとり時間を作るために挑戦したこと

私には6歳と2歳の子どもがいます。大前提として子どもたちはかわいくて、大好きなのですが、ずっと一緒にいると自分のしたいことができなかったり、絶えずうるさかったりとイライラしてしまいます。母でもなく、妻でもない時間がないとしんどい……! ということで、自分の時間を作るために、私はあることを始めました。

次女がお昼寝しなくなって自由な時間がない

2歳の次女がお昼寝をしなくなってから、自分がしたいことを自由にできる時間がなくなってしまいました。次女がお昼寝していたころは、その間の1時間が至福の時間だったのに……。


テレビをつけると「アンパンマンがみたい」と言いだすので、自分の好きな番組を観ることができませんし、趣味であるミシンをする時間もなかなかとれずにいました。子どもが起きている時間に自分がしたいことをしてみましたが、中断されて余計にイライラ。

 

 

自分時間のため、朝活にチャレンジ

夜9時以降、子どもたちが寝静まったあとに自分の時間をもつことも考えましたが、その時間になると夫が帰ってきます。

 

夫は私が自分のことに熱中していても文句は言いませんが、なんだかんだ話しかけられたり用事を頼まれたりして集中できません。この時間には1日の出来事を報告するなど、夫婦の時間を持つことも必要だと思いますし……。

 

そんなときママ友が、朝早く起きて自由な時間を楽しんでいるという話を聞き、私も挑戦してみることにしました。

 

 

朝の静けさに感動!有意義な時間に

まず、毎朝5時に起きることにしました。夫と子どもが起きるのが7時なので、自分の時間を2時間満喫できます。起きられるかなと思いましたが、したいことをするという楽しみが勝ち、苦もなく起きることができました。


まず感動したのがその静けさ。そして自由さ。することはその日によりますが、ミシンで遊んだり、記事を書く仕事をしたり、のんびりと朝ごはんを作ったり、ドラマを観たりしています。頭がシャキッとしているせいか、夜よりも朝のほうが有意義に時間を使えると感じました。

 

 

子どものため、夫のためではなく、自分のためだけに時間を使っていると本来の自分に戻っている感覚になります。中断されることもなく、自分の意思で動ける時間はストレスフリーで幸せな時間。早起きは得意でなかった私ですが、楽しいことなので、もう2カ月近く続いています。夜更かしよりも健全ですし、今後も続けていければいいなと思っています。

監修/助産師REIKO


著者:小川恵子

6歳と2歳の姉妹の母。育児サークルの幹部や習い事、執筆活動など、精力的に育児を楽しんでいる。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶