「メカン急行」って何!?電車好きな息子のかわいい言い間違いアレコレ♡

電車好きのお子さんが言っていた「メカン急行」を不思議に思っていたママ。ある日、「〇〇急行」のことだと判明しました。駅名の言い間違いなど、お子さんの電車にまつわるかわいい言い間違いをご紹介しています。

プラレールで遊ぶ男児

 

現在、6歳と2歳のやんちゃな男の子2人を育てています。長男も次男も電車が大好きです。特に長男は私よりも電車に詳しく、駅のホームにいても「この音は〇〇形の電車が来る!」などと言って、周りを驚かせます。そんな長男の電車にまつわるかわいい言い間違いをご紹介します。

 

駅名の言い間違い

長男はトーマスから始まり、今は実際の鉄道が大好きで、年長になった今も毎日のようにプラレールで遊んでいます。駅の名前もよく覚えていて、利用している沿線以外の駅名にも詳しいです。


今でこそスラスラと言えますが、3・4歳のころは言い間違いも多くて、特に高幡不動(たかはたふどう)は「たかたかふどう」、二子玉川(ふたこたまがわ)は「ふたごとたまがわ」と言っていて、何度教えてもこの呼び方でとてもかわいかったです。しかし、いつの間にか、きちんと言えるようになっていて、「動画で撮っておけばよかった~」と後悔しました。

 

「メカン急行」?

駅名以外にも言い間違いがあります。長男はプラレールで遊んでいるときに「次は通勤急行〇〇行き~」「特急快速が通過します~」など、電車の種別をアナウンスすることが多いのですが、ある日、「メカン急行~」と言っていました。


思わず、長男に「メカン急行って何?」と聞いても「メカン急行はメカン急行だよ!」と言い張ります。その後、何回聞いても要領を得ず、たまに電車遊びに登場する「メカン急行」を不思議に思っていました。

 

謎が解けた!

それからしばらくして、駅のホームで長男が「次、メカン急行だよ!」とうれしそうに言いました。見ると電光掲示板には「区間急行」の文字が……。「区」の漢字が読めなかった長男は、真ん中にあるメをカタカナの「メ」と認識していたのです。

 

子どもながらに自分で考えた読み方に大変驚き、感心しました。しかし、こちらも駅名と同じく正しい読み方を覚えてしまったので、もうわが家のプラレールの駅に「メカン急行」が止まることはなくなってしまいました。

 

次男の言い間違い

長男が6歳になった今、言い間違いはほとんどなくなってしまいました。しかし代わりに2歳の次男が言葉を覚え始め、さっそく、武蔵小杉(むさしこすぎ)のことを「むさすぎこすぎ」と言っていて和みます。


特に長男が「たかたかふどう」と言っていた高幡不動は、次男は「かたかたふどう」と言っており、兄弟だなぁと微笑ましく感じます。カタカナを覚えたらまた「メカン急行」がわが家に戻ってくるかも知れません。

 

 

長男は言葉の出始めが遅かったので、言い間違いができる程、話せるようになったことをうれしく感じていました。子どもの言い間違いの期間は本当に短くあっという間だったので、今度は忘れずに撮影をしておこうと思っています。

 

先輩ママの体験談、いかがでしたか?「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

 


著者:竹内優実

5歳と2歳の男児を育児中。時短と節約が大好きなアラフォー母。簿記2級・MOSマスター・初級シスアド取得。パソコンを活かした育児グッズの作成が得意。夫は激務の為、ほぼ一人育児中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶