娘の性器いじりに困惑…。関わり方と伝え方を工夫したら良い変化が!

2020/06/08 19:55
20
突然始まった娘さんの性器いじりへの対応に苦慮したママ。エスカレートする娘さんの行動に悩みながらも、関わり方を工夫することで少しずつ改善していった体験談を紹介しています。

遊んでいる2歳の女の子

 

娘が2歳のころ、もぞもぞと股の間を触っているのを発見。保育士をしている私は、幼児の性器いじりについてある程度認識があったので、しばらく様子を見ていました。しかし、日を追うごとに頻度がエスカレートしてしまって困惑。試行錯誤しながら娘の性器いじりに対応した体験談をお伝えします。

 

暇なときに始めるもぞもぞ

突然、股の間を触ってもぞもぞする行動が始まった娘を見て、最初はお尻がかゆいのかなと思っていましたが、明らかに性器を触って得る感覚に満足している様子でした。特に、寝るときや暇なときにしているのです。私は保育士をしているので幼児の性器いじりは過去に見たこともあって、特段驚かず、あまり言いすぎないようにしようと思いました。


もぞもぞ始めたときは遊びに誘うようにしたり、股が赤くなってしまったときはやさしく「おまたがもぞもぞしても、触ったら赤くなるからあんまり触らないように気をつけようね」と伝えたりしました。

 

保育園でもしていることにショック!

3歳になるころ、保育園の保護者面談で性器いじりについて指摘されました。そのころ、家ではたまにしている程度だったのですが「保育園でもしてるの!?」と頻度が増えていることにショックを受けました。


しかし先生も「直接は言わず、さりげなく遊びに誘ったり、寝るときは手を握ってあげたりしています」と言ってくれて、私と考え方が一緒だったので安心しました。それから、保育園と二人三脚で様子を見ていくことにしたのです。


頻度も程度もエスカレート!

保育園での対応と同じようにすると、性器をいじらずに過ごせました。しかし、家ではずっと娘に付き合ってあげることもできず、気づくと暇そうにしてもぞもぞが始まるのです。最初こそ言いすぎないようにと思っていた私ですが、ひとり遊びが充実せず結局性器いじりに走ってしまう娘にイライラが募ってきて、直接的に「触っちゃダメ!」と強く叱ってしまうことも。


しかも、日を追うごとに頻度が増えたり隠れて汗をかくまでいじっていたりと、程度もエスカレートしてしまったのです。そのため、保育士としての私の知識や経験だけでは追いつかず、母としてどう関わってあげたら良いのかとても困惑しました。

 

関わり方と伝え方の変更で娘に変化が!

暇になるともぞもぞするため、私は娘が満足する関わり方を考えてみました。 娘は手伝いが好きなので、料理や掃除の手伝いをお願いすることに。また、「ママがごはんを作っている間、ぬり絵をして待ってて」など、具体的に遊びを提案してあげました。すると、娘は進んで動くようになったり、自分でも一時の遊びを探すようになったりして、暇で性器をいじることが少なくなってきたのです。


 いじっているのを見かけたときは、少し離れたところから「〇〇ちゃん、ちょっと来てくれる?」と用事をお願いしたり、あまり頻度が多い場合は「ここは大事なところだからあんまり触ったらだめだよ」と理由を伝えたりしたところ、年齢的な成長もあいまってか、だんだんと頻度が減少。小学校に入学する前にはほぼしなくなりました。

 

 

イライラして注意する私に隠れていじるようになったときには「どうしたらいいの?」と八方ふさがりになった気分に。しかし、一度肩の力を抜いて娘への関わり方を考えたところ、気持ちに余裕が持てて落ち着いて対応できたのでよかったです。私の関わり方が適切だったのかはわかりませんが、結果的に功を奏してほっとしました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 


著者:坂本ひろ子

1児の母。自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。


この記事にいいね!しよう

いいね!
20

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード