今なんて…?重いPMSで受診したら、医師から信じられない言葉が…!

2020/03/02 19:00
59
死にたくなるほどの気分の落ち込み、腹痛、イライラなど深刻なPMS症状で悩んでいたというママさん。PMS症状改善のため、初めて受診した婦人科で医師が放った信じがたい一言とは…!
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
生理
PMS(生理前症候群)

「生理前だから仕方ない」って諦めたこと、ありませんか。イライラするのは「生理前だから」。気分が沈むのは「生理前だから」。なかなか眠れないのは「生理前だから」。

 

私もそうでした。いえ、今もそうです。実はこれ、病気だということはご存知でしょうか。

つい最近、ネットの広告で「月経前症候群(PMS)」という言葉を知りました。どれも自分に当てはまる項目ばかり。一筋の光が射したような気持ちで、夫にも話し、近くの産婦人科へ行くことに決めました。  

 

 

 

「え、あ、はい…?」

私から医者に言った言葉はこれだけ。

 

この日は、子宮頸癌の検査をして、ピルを処方されて終わりました。次の予約と会計を済ませ、調剤薬局でピルを受け取り、建物を出ました。歩いているうちにだんだんと怒りと悲しみが沸いてきて、子どもを連れているのに、そのまま死にたい気持ちでいっぱいになっていました。

 

ラクになりたい一心で行った病院で、まさかボロボロにされるとは思いませんでした。昼食を摂る気にもなれませんでしたが、息子に食べさせるために普段は行かないファストフードに入り、気づいたら泣いていました。

 

たまたま、ママ友からLINEが入ったので、ついさっき起きたことを伝えると、「今から行くから待ってて!」と、飛んできてくれました。

 

その後、ピルを飲むとひどいPMS症状が軽くなったので、継続的に服用することにしましたが、生理前の体の不調は、我慢すればいいというものでないと、改めて実感しました。だから、一人で悩まず誰かに相談してみてください。ただ、相談する人を間違えると悲惨です。

 

私の場合、ママ友がいてくれたお陰でなんとか立ち直れました。ママ友は同じ女性であり、出産の経験者であり、そして育児に奮闘する同志です。とんでもない医者に出会ってしまって災難でしたが、ママ友の大切さ、有り難さを改めて感じられた出来事でした。

 

 

原案/山本のぶこさん

作画/まっふ


この記事にいいね!しよう

いいね!
59

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード