グッズ ベビー用品 100均

子どもの耳掃除って難しい…! わが家の「三種の神器」はコレ!

1
58
この記事では、耳鼻科で「綿棒で耳掃除をしないように」と注意されたというママが、便利だと感じた耳掃除の三種の神器を紹介しています。それは「ライト付き耳かき」「ピンセット」「ヘッドライト」の3つだそうです。

赤ちゃんの耳のイメージ

 

赤ちゃんや子どもの耳掃除、どうしていますか? わが家では、これまでベビー綿棒で耳掃除をしていましたが、1歳を過ぎたころに初めて耳鼻科のお世話になってみてビックリ! 驚くほど大量の耳垢が出てきて、先生には「綿棒は使わないでください」と言われてしまいました。そんなわが家で役立っている、耳掃除の三種の神器を紹介します。

 

続きを読む

これまでは耳垢を押し込んでしまっていた

ベビー綿棒のイメージ

 

耳鼻科の先生によると、綿棒を使うと耳垢を奥に押し込んでしまうことが多いのだそうです。綿棒は、ほんの入り口付近をふき取るのに使うだけで、耳垢を綿棒で取ろうとしてはいけないとのこと。

 

それまで綿棒で子どもの耳掃除をしていた私は、押し込んでいるという意識はまったくなく、きれいに掃除できていると思っていました。そのため、耳鼻科で塊となった耳垢がごっそり出てきたときは衝撃でした。

 

今はライト付き耳かきとピンセットが活躍!

 

耳鼻科から帰ってきてから愛用しているのが、「ライト付き耳かき」と「耳用のピンセット」です。細かな耳垢は耳かきで掃除して、大きい耳垢は押し込まないようにピンセットで取るという具合で使い分けています。耳の中をよく見るために耳鏡も使っています。

 

ライト付き耳かきはダイソーで、ピンセットと耳鏡は医療用のものをネットで購入。普通のピンセットよりも細いので、小さな耳の中でも耳垢を掴みやすいです。耳垢がするっと取れると、子どもも痛がらず、掃除をするほうも気持ちがいいです!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 我が家はお風呂上がりに綿棒で耳の入り口の水を吸い取って終了です。ピンセットを小さい子どもの耳に入れるなんて絶対にできません。よほど慣れているお子さんなのでしょう。それ以外は下手に触らず耳鼻科に任せるの… もっと見る
    我が家はお風呂上がりに綿棒で耳の入り口の水を吸い取って終了です。ピンセットを小さい子どもの耳に入れるなんて絶対にできません。よほど慣れているお子さんなのでしょう。それ以外は下手に触らず耳鼻科に任せるのが一番です。
    +32 -1

 
 

グッズの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。