医療 体験談 病気・ケガ 病院 感染症 先天性疾患

「判断が間違っていた…」と後悔。肺が片方しかない息子が風邪をひいて…

1
29
先天性横隔膜ヘルニアの影響で肺が片方しかない1歳の息子さんが、風邪をこじらせて入院になってしまった体験を紹介しています。普段は元気でも、少し体調を崩すだけで大変なことになる持病の恐ろしさを痛感されたそうです。

入院処置中の赤ちゃん

 

先天性横隔膜ヘルニア(※)の影響で肺が片方しかない息子。とはいえ特に大きく体調を崩すことなく、1歳の誕生日を迎えました。しかし暖かくなってきて安心した春先、風邪をこじらせて入院することに。今回は、元気に育っていると思っていた息子の持病を改めて実感した瞬間をご紹介します。

 

(※)本来胸とおなかの臓器を隔てている横隔膜に生まれつき穴が開いており、その穴からおなかの中の臓器が胸の中に出てきて心臓や肺を圧迫してしまう病気。心臓や肺を圧迫するために心臓や肺の発育が悪くなります。これにより心臓の機能の低下や肺低形成・肺高血圧症をきたすため、出生後に手術を受けたあとも酸素療法や心不全に対する治療が長期に必要になることがあります。

続きを読む

小児科に行ったのに…ひどくなる咳

昨年の4月、息子が風邪をひきました。とはいえ、初めての風邪というわけではなく、その前にインフルエンザにかかって無事だったこともあり、私は正直気を抜いていました。そのときちょうど上の娘が胃腸風邪をひいていて、嘔吐を繰り返していたので気が回らなかったのもあります。

 

午前中に2人を小児科に連れていき、もらった薬を飲ませて安心していたのですが、そこから息子の状態はどんどん悪くなっていきました。

 

動きが遅れた原因

息子は夕食を食べたものの、咳き込んで戻してしまいました。上の娘の胃腸風邪がうつったのかもしれない。でも今から病院に駆け込んでも、胃腸風邪なら経過観察になるだろうと思いました。水分だけでもとスポイトで少しずつ経口補水液を飲ませました。

 

息子の呼吸はどんどん荒くなっていましたが、上の娘たちはもう寝たあと、夫は飲み会で不在。ちゃんと水分はとれているし……と、私はつい不安にフタをしてしまいました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 子供を病院に連れて行くタイミングを判断するのって難しいですよね…。誰にも相談できないし、自分の判断に子供の命がかかっていると思うと、いつも悩みます。。 大変な状況の中、お一人でお子さん… もっと見る
    子供を病院に連れて行くタイミングを判断するのって難しいですよね…。誰にも相談できないし、自分の判断に子供の命がかかっていると思うと、いつも悩みます。。

    大変な状況の中、お一人でお子さんの対応をされていたのですから、ご自分をあまり責めないで欲しいです。
    +30 -4

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。