暮らし 体験談 生理

下痢と大量の経血で受診!まさかの診断、そして奇跡が…!【生理体験談】

ひどい生理痛からの奇跡

 

もともと生理痛がひどかった私。下腹部が痛くなる前に市販の鎮痛薬を飲んで毎月耐えていました。それが彼氏との同棲がきっかけで、単なる生理痛と思っていた26歳の私にまさか結末が……。もっと早くから病院に行けばよかったという後悔のエピソードを紹介できたらと思います。

 

続きを読む

急激に腹痛!下痢とともに大量の経血が!

26歳の冬。プロポーズしてくれた彼氏と、同棲をしてから籍を入れようということになり、アパートを借りて同棲をスタート。彼の仕事は朝早くから夜遅くまで……。私も働いていましたが昼から夕方過ぎまでというシフトでした。ですが、私は通勤に2時間ほどかかっていたので、出勤前や帰宅後の家事はなんとなく負担になっていました。でも、彼にいいところを見せたいという思いや、家事は私がやらなければ!という思いからすべての家事をこなしていました。

 

同棲を始めてから1カ月後。いつもなら少量の経血から始まる生理ですが、その日は急激におなかが痛くなりトイレに駆け込むと、下痢とともに大量の経血が!! 最初は生理だと思わずおしりから血!?と思いましたが、周期的にもあー生理だと気付いて気分はドン底に。下痢は止まらず、そしてどんどん冷や汗が出てきて、おなかは痛みを増すばかり。トイレから出られず、立ち上がることもできず……。こんな経験は初めてでした。   

 

婦人科を受診するとチョコレート嚢胞と診断

幸い、この日は彼の仕事が休みで、私にずっと付き添っていてくれました。私はあまりのつらさに泣きながら職場に電話をして、休みをもらうことに。生理痛のつらさから、何も食べることができず薬も飲めない状態で、布団で悶絶……。挙げ句の果てに下痢は止まらず脱水症状になりかけました。

 

心配した彼が病院に連れて行ってくれましたが、その日は休日診療のため、婦人科医がおらず内科医に診てもらいました。その間にも下痢は治らず顔色も悪いとのことで、点滴を打ってから帰宅するようにと指示がありました。これには私もびっくりでした。そして内科医からは「子宮が関係しているはずだから、必ず婦人科を受診するように」と言われ、その日は1時間ほど点滴を打ち帰宅しました。子宮が関係しているということを理解できていませんでしたが、後日、婦人科を受診し内診してもらうと、子宮内膜症、チョコレート嚢胞が見られるというまさかの結果でした。

 

医師からは「生理で出される子宮の内側の膜に似た組織が卵巣の中にあり、右の卵巣の排卵機能を邪魔している」との説明を受けました。そして手術をするか、ピルでコントロールしていくか、今すぐ頑張ってタイミングを見て子どもをつくるか……という話をされ、私にはすぐには理解できない現実を突きつけられました。まさか自分の体がそんな状況とは思わず、すごくショックを受けたことを覚えています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。