会陰切開は必ずするの…!? 私が体験した会陰切開とその後の痛み

この記事では、出産時に経験した会陰切開とその後の痛みに関するママの体験談を紹介しています。陣痛の痛みのせいか、切開の痛みはまったく感じなかったそう。数日後に引きつる痛みがあり、助産師さんに相談して先生に糸を切ってもらうとラクになったそうです。

 

出産の際に会陰切開をするという話をよく聞きますよね。私も会陰切開を受けた1人

で、「切りますよ」と言われたときにどれだけ痛いものかと思ったのですが、実際は想像と違いました。今回は、私が体験した会陰切開についてお伝えしたいと思います。

 

まったく痛くなかった会陰切開

会陰は、腟と肛門の間とその周辺の部分。出産の際、会陰の伸びが悪い場合に、この会陰を切って赤ちゃんが生まれやすくすることがあります。私の場合、経験した2回の出産とも、この会陰切開を受けました。

 

先生の「出口を広げるため、切りますよ」との言葉に、どれだけ痛むのか覚悟しましたが、陣痛が痛すぎたのか、私の場合は切開の痛みをまったく感じず、ただ「バチンバチン」とハサミで切る音だけが耳に入りました。

 

出産後の縫合は針で少し刺したような感覚

会陰切開を受けたあと、自分の体には何も変化を感じませんでしたが、赤ちゃんが出てくる出口は広がったようです。出産後、少し落ち着いてから、この会陰切開した部分の縫合がおこなわれましたが、私の場合はそのときも強い痛みは感じませんでした。

 

ただ、針で少し刺したような感覚があり、痛くはなくてもちょっと不快な気持ちになりました。2回目の会陰切開では処置の流れを把握していたので、覚悟してあまりそちらに意識を集中しないように心がけると、またしてもあまり痛みを感じませんでした。

 

縫合後の引きつりは痛かった

縫合した部分は自分では見ることができないので、「いったいどうなっているんだろう?」と、状態がわからないことが心配でした。排尿や排便のときも、毎回ドキドキ。

 

また、数日後に引きつったり、何かが刺さるような痛みがあったので、ちょっと恥ずかしい気持ちもありましたが助産師さんに相談しました。すると、先生がすぐに診察をしてくれて、縫合した糸を数本切る処置をし、痛みはすっかりなくなりました。

 

 

特に初めての出産では、わからないことだらけで安定になりますよね。心配なことがあるときは、やはり先生や助産師さんに相談するといいと思います。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 


著者:石原みどり

知的障害を持つ子どもと口唇口蓋裂を持つ子どもの母。波乱万丈で大変なこともあるが、子どもたちと幸せいっぱいに生活している。経験を踏まえ、子育てに関する情報を発信中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶