「長いホースが…」もしかして、本当に覚えてる!?息子が話してくれた胎内記憶に驚き!【体験談】

息子に聞いた胎内記憶エピソードをご紹介します。ごっこ遊びやおしゃべりが大好きな息子なので、半分は想像だったのかもしれませんが、とってもおもしろい内容だったのです。

続きを読む

おなかの中はせまくて大変だった?

息子と2人きりの昼下がり、リラックスタイムに聞いてみました。「ママのおなかの中はどうだった?」と聞くと、「あたたかかったよ。ピンク色だった。ずっと泳いでいて疲れちゃったよ」とのこと。

 

ママのおなかの中が気持ちよかったとは言ってくれない息子に、私は慌てて「大変だったの? よく足で元気よくおなかを蹴っていたよ」と話しました。すると息子は、「泳いでたからね」という言葉に続けて、「せまいのに、太いホースがあったからジャマだった」と話をしていました。

 

長いホースがジャマだった?

おなかの中はせまくて大変だったと話す息子は、次に「早くママに会いたかったんだよ。ひとりでさみしかった。だから、すごく頑張って出てきたんだ」と言います。そして、寝ころがって足で壁をけり、ぐるぐる回って前に進んでみせながら、「ホースが長いんだよね」と息子が言ったとき、私はハッとしました。

 

実は息子が生まれたとき、首にへその緒が巻き付いていたのです。「ホースにジャマされたの?」と聞くと、息子は首を触って「そう」と言いました。

 

ママを助けにきた!?

今度は「なんでママのところにきてくれたの?」と息子に聞くと、「だってママがかわいそうだったから。あと、かわいかったから」と言う息子。かわいそうだったと言われて、ちょっと驚きました。私は子宮内膜症で、心身ともつらい妊活をしていたのです。わが子を授かったと知った瞬間に、私は「助けてもらった」と感じたことを思い出しました。

 

ママのおなかの中の様子を話してくれた息子に「ありがとう」と言って、私はハグをしました。やさしい天使が私のところにきてくれた、そう思えるとってもいい時間でした。

 

 

今では生まれたときの倍の身長なのに、「おなかの中にもどる」と服に頭を突っ込んでくる甘えん坊な息子。怒られるようなこともたくさんするけれど、とっても愛おしい存在です。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

イラスト/manami.koiso

監修/助産師REIKO


著者:斉藤あや

大人しく内気な娘と楽天的で活発な息子、男女二児の母。ママ・パパに役立つ情報をお届けすべく、これまでの育児経験を生かして、育児の工夫やお役立ちグッズなどの情報を発信中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      胎内記憶ですね。 私の娘にも聞きたくて楽しみにしてます。 覚えてるのかなー? という私も覚えてるんです。 小さい頃から生まれる前の記憶があって、反対に変な子と思われなくて母にはずっと言い出せませんで… もっと見る
      胎内記憶ですね。
      私の娘にも聞きたくて楽しみにしてます。
      覚えてるのかなー?

      という私も覚えてるんです。
      小さい頃から生まれる前の記憶があって、反対に変な子と思われなくて母にはずっと言い出せませんでした。
      しかし、中学生の頃に聞いてみました。
      すると合ってました。
      それは会ったこともない曾祖母の葬式の時でしたが、どのような形体の葬式であったのか、様子や会話も見事にビンゴ。
      今は全然なのですが、育った所は昔特有の閉鎖感がある地域で上から見てて『うわーこれは大変だ。やだな』と感じました。
      案の定大変でした(笑)
      まぁ、そんな事は母には言えないのですが。
      残念ながら何故両親の元を選んだのかは分かりませんが、なかなか強烈な記憶です。
      さてさて、娘はどういうのかな?
      どんな理由あれ来てくれた命、巣立つまで一緒に楽しんで泣いて笑って過ごしたいと思います。
      +29 -5

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママネタの新着記事

  • PICKUP