外出自粛中だからこそ!やってよかった子どものこと、家のこと【体験談】

2020/06/19 13:25
2
新型コロナウイルスの影響で外出自粛が求められていたとき、してよかった子どものことと家のことについてお話ししてくれました。いろいろとすることでメリハリがある毎日を過ごせていたようです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談
育児あるある

外出自粛

 

新型コロナウイルスが猛威を奮うなか、自分、そして周りの人を守るため、外出を自粛しなくてはならない日々が続いていました。家にいる時間が多い時期に、私がしてよかったなと思っていることを3つ紹介したいと思います。

 

おむつはずし

私の娘は現在2歳7カ月です。2歳半からトイトレを始めましたが、まだトイレに行けたりおむつでしてしまったりという感じでした。夏までにはトイトレを完了させ、おむつをはずしたいと思っていたところに外出自粛要請。そこで、外出を控えなければいけないこのタイミングを好機と捉え、おむつをはずしてパンツで過ごさせることにしました。

 

最初は家で何回も失敗してしまいましたが、おむつをはずして1週間たったころには、おしっこをしたい感覚がわかるようになったようで、娘は「トイレに行きたい」と言えるようになりました。

 

断捨離

わが家にはもう着ることのない私の服、サイズアウトした子どもの服、遊ばなくなったおもちゃ、年度が変わって必要なくなった書類がたくさんありました。整理していらない物を捨てなくてはと思いつつ、まとまった時間が取れなくてなかなか取りかかれないでいました。

 

今回、家にいる時間が増えたため、不必要な物を断捨離することに成功。子どもにも自分でおもちゃを整理させ、いらないものを一緒に処分しました。今後、子どもが大きくなるにつれてどんどん物が増えていくと思うので、収納スペースに余裕ができてよかったです。


料理のレパートリーを増やす

外食をしばらく控えている日々。毎日3食なんとか作っていましたが、特にお昼ごはんがワンパターン。麺類か丼ものと、かなりマンネリ化していました。レパートリーの少なさに、自分も食べるのが飽きてしまうように……。

 

外出自粛の影響で、テレビやネットで簡単なレシピが紹介されているのをよく目にしました。そこで、新たなメニューに挑戦してみることに。なるべく簡単そうなメニューを選んで作っていました。そのなかで、一番簡単でおいしいと思ったのがカップヌードルを使ったチャーハンです。

 

 

新型コロナウイルスの影響で外出できず行動が制限されているなか、できないことにばかり目を向けていると悲しくなってしまうため、外出自粛中だからこそできることを探してチャレンジしてみました。するべきことがあったため、メリハリがある1日を過ごすことができました。

 

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗では臨時休業や営業時間の変更などを実施している可能性があります。商品購入の際には自分だけではなく周りの方、スタッフの方への感染防止対策を十分におこない、安全性に配慮していただくなどご注意ください。外出を楽しめる日が1日も早く訪れますように!

 

 


著者:小川恵子

6歳と2歳の姉妹の母。育児サークルの幹部や習い事、執筆活動など、精力的に育児を楽しんでいる。


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード