食・レシピ コツ・ヒント 栄養 食べていいものダメなもの

「胚芽米や玄米、赤ちゃんはいつからOK?」管理栄養士が答えます!

赤ちゃんの食事のイメージ

 

精製された白米や小麦よりも、玄米や胚芽米、胚芽パンは大人にとっては体にいい食べ物といわれています。ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれているので、つい赤ちゃんにも食べさせたくなりますね。

 

いつぐらいから、赤ちゃんは食べることができるのでしょうか? 今回は、それぞれの特徴とあわせて解説します。

 

続きを読む

玄米や胚芽米ってどういうもの?

お米は「ぬか層」「胚芽」「胚乳」の3つからできています。玄米はもみ殻を取り除いただけの状態なので、3つの部分が残っているもの。胚芽米は「ぬか層」の部分を取り除き、「胚芽」と「胚乳」の2つが残ったものです。胚芽パンは、小麦の「胚芽」と「胚乳」が入ったパンになります。

 

どちらも、精製された白米や小麦よりもビタミンやミネラルが多く、とくに玄米には食物繊維が多く含まれています。

 

胚芽米や玄米はできれば3歳から!

離乳食を過ぎて幼児食の時期になっても、赤ちゃんの消化器官はまだまだ発達の途中です。ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれているものを、大人と同じように消化できるわけではありません。

 

胚芽米や胚芽パンは消化が悪いので、1歳半を過ぎてから。また、食べさせるときはごく少量にとどめましょう。玄米は白米に比べて非常に消化が悪いため、3歳からゆっくりスタート。とくに初めはやわらかく炊いたものから始めましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。