どうしてシミはできるの?40代以降シミが増える理由は?皮膚科医が解説

2020/08/20 11:25
0
40代になってシミが気になるようになった人は多いのでは? どうしてシミができるのか、皮膚科医に聞きました。加齢や女性ホルモンの変化と併せて紹介します。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
美容

皮膚科医 女性

 

プレ更年期~更年期に突入すると、シミができたり増えたりを実感する人がいます。どうしてそうなるのか、その理由について加齢や女性ホルモンの変化などと併せて皮膚科医の馬場直子先生にわかりやすくご解説いただきました!

 

メラニンが蓄積することで、肌が茶色く見えるように

メラニンの蓄積

 

シミは皮膚の中にあるメラニンという褐色~黒い色素が過剰に蓄積するために起こります。皮膚は一番外側にある表皮とその下にある真皮という組織で構成されています。表皮には表皮細胞(ケラチノサイト)と表皮の一番下にある色素細胞(メラノサイト)などがあり、紫外線を浴びると色素細胞でメラニンが生成され、表皮細胞に分配されます。

 

色素細胞からメラニンが過剰に作られたり、分配されたメラニンをたくさん持つ表皮細胞がなかなかはがれ落ちず、過剰に蓄積することでシミとして目立つようになってくるのです。

 

40代以降シミができる・増える主な原因は?

女性 鏡チェック

 

なぜ、シミができてしまうのでしょう。そして、40代以降にできてしまう・増えてしまうのはなぜなのか……。主な原因は4つあります。

 

原因1 肌のバリア機能の衰え
原因2 ターンオーバーサイクルの崩れ
原因3 女性ホルモンバランスの崩れ
原因4 活性酸素の増加

 

原因1:肌のバリア機能が衰え、紫外線によりメラニンが生成されやすくなる

紫外線を浴びることで、色素細胞(メラノサイト)の中にあるチロシナーゼという酵素の働きが活発になり、メラニンが生成されます。

 

肌には、紫外線のダメージを抑えるためバリア機能があります。バリア機能を主に司る組織は、表皮細胞(ケラチノサイト)の死骸がぺちゃんこになり、屋根瓦のようになって表皮を覆う薄い層(=角層)と、その上にある皮脂膜です。

 

概ね40代以降、皮脂分泌量が減少したり、角層のセラミドや天然保湿因子となるタンパク質が減少したりすることで、角層の水分保持力が低下。肌が乾燥しやすくなり、バリア機能が低下してきます。バリア機能が弱くなると、紫外線の肌への透過性が高くなり、紫外線による影響を受けやすくなることが、最近の研究でわかってきました。

 

つまり、年齢とともに肌のバリア機能が衰え、肌が乾燥しやすくなると紫外線のダメージを受けやすくなってメラニンの生成が増え、シミを発生させてしまうのです。

 

原因2:ターンオーバーサイクルが崩れメラニンの排出機能が衰える

表皮細胞は約28日周期で新しい細胞に生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。そのため、色素細胞からメラニンをもらった表皮細胞も徐々に表皮へと押し上げられ、やがてはがれ落ちます。ちなみに色素細胞は表皮の基底層(一番下の層)にずっと留まっており、ほかの表皮細胞のように上昇してはがれ落ちることはありません。しかし、メラニンが過剰に生成されたり、ターンオーバーサイクルが崩れたりすると、メラニンを持つ表皮細胞が長く表皮に留まり、色素沈着=シミを引き起こします。

 

実はターンオーバーのサイクルは年齢によって異なります。なぜなら、年齢を経るにつれ、新陳代謝が衰えるから。また、細胞の老化現象により、細胞分裂する能力が低下すること、血行が悪いことも原因として考えられます。40代のターンオーバーサイクルは約55日、50代は約75日周期と考えられています。サイクルが長くなるにつれ、皮膚の再生能力が低下しメラニンの排出機能が衰え、シミができやすくなります。

 

原因3:女性ホルモンバランスが崩れメラニンの生成が高まる

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、プロゲステロンには、メラニンの生成を促進する働きがあります。妊娠中や授乳中、そして30代後半になり卵巣機能が衰えてくると、エストロゲンの分泌量が徐々に減少。個人差が大きいので一概には言えませんが、40~50代になるとエストロゲンの分泌量はピーク時の半分くらいになることもあります。

 

これにより、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが変化。妊娠中、更年期にはエストロゲンの減少に呼応するようにプロゲステロンの分泌が増え、メラニンの生成が促進されやすくなります。

 

原因4:活性酸素が増えて肌の老化を促し、メラノサイトを刺激する

活性酵素は老化を促す原因物質の1つとされており、活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンが過剰に生成されます。活性酸素は紫外線を浴びることで発生しますが、加齢や喫煙、ストレスなどにより増加。作られた活性酸素をすぐに分解し、無害化する酵素が減ってしまうため、活性酸素が増えてしまいます。

 

まとめ

シミは肌にメラニンが蓄積することで起こるもの。紫外線だけでなく、更年期に見られるホルモンバランスとターンオーバーサイクルの崩れも主な原因で、40~50代に発生・増加しやすいんですね。また、睡眠不足や過労でもシミが増えるそうです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:杉田リエ

大学生と高校生の母。第二子出産を機にフリーライターに。46歳のとき社会福祉士の資格を取り、ケースワーカーとして社会復帰。現在の悩みは教育資金と心&体の健康。愛猫の姿に癒やされます。

 

監修者

医師 馬場 直子 先生

神奈川県立こども医療センター皮膚科部長、横浜市立大学皮膚科臨床教授


1983年滋賀医科大学医学部卒業、1994年横浜市立大学皮膚科講師を経て、神奈川県立こども医療センター皮膚科部長、2015年より横浜市立大学皮膚科臨床教授を兼務。日本皮膚科学会専門医。専門分野は小児アトピー性皮膚炎、母斑、血管腫、皮膚感染症など小児皮膚科学全般。



この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

924
木曜日

今日のほのぼの星座占い

やぎ座

1位 やぎ座

ふたご座

2位 ふたご座

かに座

3位 かに座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。