イベント 運動会 体験談

もう見失わない【運動会で子どもを見つけやすくする方法】はコレ!

運動会

 

娘が年少、3歳の運動会が私にとって初めての子どもの運動会でした。特に何も考えずに観に行きましたが、予想以上にわが子を見つけるのは大変ということが判明。一方で、経験がある先輩ママたちは自分の子を見つけるためにいろいろな工夫をしていたのです。そこで今回は翌年から私たちも取り入れた、運動会でわが子を目立たせるための工夫についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

体操服や帽子にワンポイント

運動会では、同じぐらいの背格好の子どもたちが同じ体操服と同じ帽子をかぶって競技するため、すぐにわが子を見失ってしまいます。私の娘が通う幼稚園では、体操服と帽子にワンポイントとなる飾りをつける人たちが多かったです。

 

例えば帽子のてっぺんにポンポンをつけたり、体操服の背中にひらがなワッペンで子どもの名前を入れたり。派手にしてはいけないという決まりはなかったため、みな趣向を凝らし、わが子がわかりやすいようにしていました。私は帽子のフラップの部分にハートのアップリケをつけました。

 

派手な靴下にする

体操服や帽子にワンポイントをつけるのもよいのですが、お遊戯のときは帽子をとり衣装姿になってしまいます。そのようなときのために靴下を派手なものにしてみました。わが家は娘の希望もあり、濃い目のピンクを選びましたが、ピンクの靴下を履いている子は割と多くいました。

 

そんななか、非常に目立っていたのは太めのボーダーのハイソックス。派手な色の靴を履かせているママ友もいましたが、靴下のほうが安いため取り入れやすかったです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。