目元が重い?40代のアイメイクは脱グラデーションでスッキリ【体験談】

2020/09/03 13:25
2
ある日、自分の顔がやぼったく見えてしまったアラフォー女子。原因は20代から続けてきたまぶたのグラデーションメイク!? そこでアイシャドウのグラデーション塗りをやめて単色塗りに切り替えてみた結果……。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
美容

KATE アイシャドウとライナー

 

加齢により、じわじわと変化してきた肌やフェイスライン。自分の顔を直視したくなくて鏡を見るのも嫌になってくる今日このごろですが、ある日ふとメイクをしながら思ったんです。「あれ? 私こんなにやぼったい顔だったっけ?」。私が一番メイクに興味があったのは20代のOL時代。よく考えたらそのころからメイクの方法が変わっていない。久しぶりにファッション雑誌のメイク特集を読むと、自分の顔がやぼったく見えた原因がわかりました。

 

続きを読む

目力の強いメイク全盛期だった20代

濃いメイク

 

私の20代は「JJ」や「cancam」のモデルさんがあこがれで、街ではエビちゃんのポスターやCMを見ない日はありませんでした。当時のメイクといえば、目元は2~3色のアイシャドウで深みのあるグラデーションを作り、黒の囲みアイライン、明るめのインラインとハイライト、ボリューム命のマスカラ。とにかく目を大きく主張させるメイクが流行っていました。

 

私ももちろんマスカラ下地を塗り、ロングタイプやボリュームタイプのマスカラを重ねて目元ガッツリメイクが欠かせませんでした。

 

年齢とともに目元がくすんで暗い印象に

目元のくすみ

 

30代のころにはさすがにバサバサのまつ毛は若過ぎると悟り、ロングタイプマスカラだけにしたり、まつ毛エクステでナチュラルでぱっちりな目元を意識して作ったりするようになりました。そして、まつ毛がやや寂しくなった分、濃い目のアイシャドウとアイラインで目元がぼやけないようにしていました。

 

ところがアラフォーに近づくにつれ、濃いブラウンのアイシャドウがなんだか似合っていない……。年齢とともに全体的な顔色のくすみに悩み出しました。特に目元が暗くて「なんだか顔が疲れているね」と友人に言われショックでした。

 

40代のアイメイクは明るめのアイシャドウ

明るめアイシャドウ

 

そんなある日、ファッション雑誌の40代メイク特集を読んでいると、よかれと思ってしていたアイシャドウのグラデーションが余計にくすんで見せていると知りました。若いころに比べ肌の色もくすんできたし、そういえばまぶたも以前に比べてなんだかすっきりしない。若い子ならきれいに見える濃淡アイメイクも、たしかに40代の私がやるとなんだか重たい印象……。

 

アイシャドウとアイライナー

 

そこでアイシャドウのグラデーションをやめ、アイホール全体にケイトの単色アイシャドウ「ザ アイカラー」(写真右上)を指でなじませるように1色塗り。「ザ アイカラー」はオレンジベージュやグレージュなどオトナ女子にもなじむカラーが豊富で、パール感があるので単色で使っても地味になりません。

 

そしてアイプルーフのブラウンのアイライナー(写真左下)を使って、まつ毛のすき間を埋めるように少しずつ自然なラインを足していきました。ラインは目じりを跳ね上げると若過ぎる印象になるので、目の形に沿って入れただけ。でも、それだけで目元が引き締まりました。アイシャドウとアイライナーのメイク方法を変えただけで、ぐっと明るい目元に。

 

まとめ

20代のころは濃いアイシャドウで目元を引き締めるのが当たり前だったので、なんの疑いもなくアイホールにグラデーションを使って塗っていました。年齢とともにずっと同じ色が似合うわけではないし、見え方も違ってくるという当たり前のことに今さらながら気付きました。いくつになっても年齢に応じたメイク方法を常に研究しないとなぁと感じました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:ふじか

幼稚園に通う男の子をもつ専業主婦。 高齢出産だからこそ年を取っても若く見られたい。 「脱おばさん」を目指してダイエットと美容に奮闘中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。