1文字違うだけで印象がかなり激変!胸キュン&爆笑な言い間違い5選

2020/09/20 14:25
4

言い間違い トップ画像とサムネイル

 

子どもの言い間違いは、無意識にほかの音に変換していたり、前後の言葉を自由に入れ替えていたりと、いろいろなパターンがあります。SNSでもたびたび「かわい過ぎる!」と話題になっており、子どもの言い間違いに関する投稿も多いです。

 

今回は、1文字違うだけで印象が変わる言い間違いをセレクトしてみました☆ それでは紹介していきます♪

 

続きを読む

おいしそうなシールですね! (3歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オヨネ(@o4nemama)がシェアした投稿 -

「きんぴか」ではなく「きんぴら」のほうが言いやすかったのでしょうか? 斬新な言い間違いに笑ってしまいました(笑)!

 

すっぱそうなヒーロー!? (4歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さわ子⋆͛*͛ ⋆(@sawaco.dayo)がシェアした投稿 -

「スパイダーマン」と「スッパイダーマン」。小さいツが加わることで、ヒーローへのイメージがかなり変わりますね(笑)!

 

何回言っても直らなかった食事前のごあいさつ! (4歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さんママ(@mamasan0108)がシェアした投稿 -

「いたがきます」もかわいいですが、ちゃんと言えていない感じがかわいいです☆ ちゃんと「いただきます」と言えるようになって良かったですね♪

 

「ウォ」が「ボ」になるだけでかわいさ倍増! (5歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はる華(@happy_haruk)がシェアした投稿 -

 「ウォッチ」と「ボッチ」。これも子どもに多そうな言い間違いですが、かわいくてホッコリします♪

 

ママも一瞬びっくりしちゃった言い間違い! (5歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かなお(@kanao_miyanishi)がシェアした投稿 -

「すだれ」と「すだち」……たしかに似ていますね。これは間違えてしまうのもうなずけます!

 

以上、子どもの1文字違いの言い間違いをご紹介しました! どの言い間違いもかわいくてホッコリしました♪ 成長とともに子どもはどんどんおしゃべりがじょうずになっていくので、言い間違いをするかわいい時期も大切に過ごしていきたいですね♡

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~5歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ママネタに関するキーワード

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)