食・レシピ 食べていいものダメなもの 幼児食

こんにゃくやしらたき、赤ちゃんはいつからOK?管理栄養士が答えます

101
この記事では、「こんにゃくやしらたき、赤ちゃんはいつからOK?」というママさんの疑問に管理栄養士が回答しています。1歳半以降から少しずつ食べ始めることができますが、歯が生えそろう3歳ごろまでは、細かく刻んだものを食べるようにしましょう。

しらたきのイメージ

 

ぷりぷりとした食感が特徴のこんにゃくやしらたき。どちらもカロリーが低く、食物繊維がたっぷり含まれているので、大人のダイエット食材としても人気ですね。

 

日本では古くからさまざまな料理に使われている伝統的な食べものですが、赤ちゃんはいつごろから食べることができるのでしょうか?

 

続きを読む

1歳半ごろからOK!細かく刻んだものを

こんにゃくやしらたきには、独特の歯ごたえと弾力があります。大人にとってはおいしいと感じるこの食感も、赤ちゃんにとっては噛みにくく感じます。

 

特に奥歯が生える前の時期に食べると、丸ごと飲み込み、のどにつまらせる危険性もあります。1歳半以降から少しずつ食べ始めることができますが、歯が生えそろう3歳ごろまでは、細かく刻んだものを食べるようにしましょう。

 

刻んだものをアレンジしてみて!

奥歯が生える3歳ごろまでは、赤ちゃんが食べやすいサイズにする必要があります。たとえば、こんやくやしらたきが入った煮物の場合、細かく刻んだものをご飯に混ぜたり、すし酢と一緒に混ぜればちらし寿司風にもなります。

 

刻んだものをさまざまな食材に混ぜることでアレンジのレパートリーを広げながら、赤ちゃんの食べる楽しさを増やしていきましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。