胸に感じる視線⋯うそでしょ!? 断乳後ブラを着け忘れて出勤してしまい

カテゴリー│マンガ  体験談  ぐら子 
2020/11/06 15:25
5

 

次男の授乳中、カップ付きのインナーが便利だったので、私は日中も夜眠るときもカップ付のインナーを着ていました。次男は生後11カ月のとき、無事保育園に入園。2週間の慣らし保育を経て、職場復帰した私はすぐに断乳しました。しかし朝ブラジャーをつける習慣がなくなっていて、薄着の季節にノーブラで出勤するという失態を犯してしまったのです。

 

胸に感じる視線⋯うそでしょ!? 断乳後ブラを着け忘れて出勤してしまい

胸に感じる視線⋯うそでしょ!? 断乳後ブラを着け忘れて出勤してしまい

 

続きを読む

授乳に便利なカップ付きインナー

カップ付きインナーは締め付け感がないのに、しっかり胸を支えてくれる便利なインナー。胸を出すのにラクで、授乳中は愛用していました。次男はおっぱいをよく飲むタイプだったので、断乳するまで、夜中も2時間おきに泣いては添い乳で眠るという状況でした。

 

私は次男の泣き声で起き、寝ぼけながらも、カップ付きインナーならすぐに添い乳することができました。仕事復帰しても2時間おきに起きる状況が続き、つらくなった私は断乳することに。ブラジャーのほうが胸の形をきれいに保てると思った私は、断乳を機にカップ付きインナーをやめ、ブラジャーに戻すことに決めました。

 

会社で上司の視線に気付く

出産前まで夜はキャミソールの上にパジャマを着て寝て、朝、着替えるタイミングでブラジャーを着けていました。しかし、私はその習慣がすっかりなくなっていました。ブラジャーを着けるのを忘れ、キャミソールの上に薄めのカットソーを着て、出勤してしまったのです。

 

電車で隣の人のかばんが胸に当たったとき、やけに食い込む気がしたのですが深く考えず、ノーブラであることに気付けませんでした。出勤すると、女性上司の視線がなんだかおかしい。胸の辺りをまじまじと見られているような気がしました。ハッとした私は急いでトイレへ。鏡で見ると、乳首の場所がばっちりわかる状態でした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)