超共感!生理マンガ【もしも月経血が口から排出されるシステムだったら】

2020/10/05 20:25
30
もしも月経血が口から排出されるシステムだったら、世の男性が、もっと生理のつらさを理解してくれたかもしれない――。元助産師で、2児のママkicoさんが「男女の相互理解が進むといいな」という思いから作成されたマンガをご紹介します。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
マンガ
kico

【閲覧の前に】

ブラックユーモア的な表現がありますので、苦手な方はお気を付け下さい。

 

もしも月経血が口から排出されるシステムだったら…

 

もしも月経血が口から排出されるシステムだったら…

 

もしも月経血が口から排出されるシステムだったら…

 

もしも月経血が口から排出されるシステムだったら…

 

もしも月経血が口から排出されるシステムだったら…

 

作者のkicoさんは、元助産師で2児のママ。このマンガは、実際に生理痛がつらかったときに、夫の様子を見たことがきっかけだったそう。

 

「とある朝に、生理痛がしんどいなか『痛い、痛い』と言いながら、朝食とお弁当の支度をしている私の横で、夫がボーッとテレビを見ていたんです。そんな夫の姿を見て、『今日(夫の分の)お弁当は作らない!夕飯も買ってきて!』と半ギレしたんです。

 

そのあと、日中ゆったり体を休めながら、『女性のこの毎月のしんどさは、どうしたって男性に伝わるものではないけど、もし【こんなだったら伝わる】みたいなのがあるとしたら、どんな感じになるかなぁ』とぼんやり考えていて、ふと思いついて。

 

それを呟いてみたところ、友人たちから、たくさん反響があって。そこからさらに生まれたインスピレーションで漫画を描いてみました。

 

本当はしんどいときは無理せず、事前に『今日はゆっくりさせて』と伝えて、変に頑張らなければ、夫への怒りも生まれなかったのだとは思うけれど、結果として、楽しく漫画を描けたので、よかったかな(笑)」(kicoさん)

 

 

もちろん、世の男性のすべてが生理に理解がないわけではありません。でも、お互いに「それぞれの性にしかない問題」が伝わりづらいというのは事実です。また、同じ女性であっても、それぞれの症状には差があって、すべてをわかりあえるわけではありません。

 

このマンガのように、目に見えるシステムではなくても、相手のつらさを感じとり、いたわることのできる世の中でありたいですね。性別に関係なく!

 

 

著者

イラストレーター kico


元助産師。看護師、保健師、助産師の資格をもつ。一男一女、2児の母。趣味は洋裁。育児の話や子どもへの性の話をマンガにしてInstagramで投稿している。



この記事にいいね!しよう

いいね!
30

現在ログインしていません。

123
木曜日

今日のほのぼの星座占い

ふたご座

1位 ふたご座

おうし座

2位 おうし座

おひつじ座

3位 おひつじ座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。