ママネタ 育児 育児の悩み 体験談 育児あるある 保育園・幼稚園

いざというときの強い味方!病児保育に助けられています【ママの体験談】

13
お子さんが病気になってもどうしても看病できないときに、自治体の病児保育を利用しているママの体験談を紹介しています。連絡が密で安価でありとても助かっているとのこと。ただ事前に小児科を受診してからでないと利用できないのが負担だそうです。

いざというときの強い味方!病児保育に助けられています【ママの体験談】

 

私は子どもが1歳4カ月のときにフルタイムの仕事に就きました。子どもは保育所に通っていましたが、はじめの3カ月は隔週で発熱。私も夫も突発休が取りづらく、同居の義母に看病を頼むこともしばしばありました。

 

しかし私たち親が仕事を休めない、義母にも予定があるといったときは、市内に1軒だけある自治体の病児保育を利用しています。病児保育は運営母体によってさまざまなスタイルがあると思いますが、ここでは私が病児保育を利用して感じたことをお伝えします。

 

続きを読む

連絡が密で安心できる

朝、子どもの世話を頼みに行くと保育室には看護師さんと保育士さんが常駐していて、一人ひとりの体調に合わせた対応をしてくれているようでした。夕方、子どもを迎えに行くと手渡されたのは「看護記録」というA4用紙1枚。そこには「子どもの検温記録、排尿、排便のタイミングや様子、食事とおやつの内容と食べているときの様子、どんなおもちゃを好んだか」まで記入されていました。

 

それを読むと子どもがどんな様子で過ごしていたのかがよくわかります。また、口頭でも看護師さんと保育士さんがそれぞれその日の子どもの様子を伝えてくださり、子どもをきちんと見ていてくれたのだとわかり、私は安心しました。

 

安価なので利用しやすい

私が利用した病児保育は運営母体が自治体ということもあって、利用料が安価なのもありがたいポイントです。1日の保育と昼食代、2回のおやつ代を含めて2,000円。

 

一時保育やシッターを利用したことがないので、相場観というものがないかもしれません。それでも9時間子どもの安全を確保し、世話をし、詳細な記録も残してくれて2,000円というのは、私にとって利用しやすい価格設定だと感じています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。