何これ、腹痛ぇ!!…って忘れてたアイツじゃん!【ミレーナ体験談14】

産後の重い生理症状に悩み、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システム「ミレーナ」を装着したという、1児の母ババアさん。装着から、その後の経過まで、マンガを絡めながら紹介します。

こんにちは。「ババア、育児をする」のババアです。

 

産後、月経量が多くなり、生理痛もツラく、悩んだ結果、新しい手を打とうかと、ミレーナを装着しました。ミレーナとの出会いからその後の経過までをお話しします。前回は、ミレーナ装着後1年半で経験した不快なできごとについてお話ししました。

 

今回は、ミレーナ装着から1年10ヶ月目の様子をご報告します。

 

※ミレーナをオススメする!というわけではありません。あくまでも個人の体験談ですから、詳しいことは産婦人科にご相談!

ババアさんのミレーナ体験14

ババアさんのミレーナ体験14

 

とにかくこの夜、ミレーナを装着しておそらく初めての強い生理痛が起こりました。ミレーナ装着時に、多少の痛みはありましたが、それ以降こんなに痛かった日はなかったはずです。


1時間くらいで収まった痛みではありましたが、「生理痛ってこんなに痛かったっけーーーーー!!!??」というか、「生理痛がこんな痛みだったということさえ忘れてた…」ということに驚きました。

あんなにン十年、毎月苦しんできた痛みなのに。

簡単に忘れてしまうものなんですね…。


でも、冷静に振り返ると、ほんの1時間の生理痛も、ミレーナ装着前の生理痛に比べたら弱かったかもしれません。たとえるなら、装着前の痛みがでっかいドラを叩くくらいの強さだとすると、今回のは娘が赤ちゃんのころよく叩いていたおもちゃの太鼓くらいの強さ…?


こんなに痛いものだった、でも「我慢して当たり前」と思って、30代まで我慢して生きてきたんだ、ということを将来のために書き残しておこうと思います。
 

このままずっとミレーナを5年おきに更新し続けていけば、私は本当に下腹部の痛みと無縁な日々になるのだな…と妙に感慨深い夜でした。


次回は、装着2年目検診について書きたいと思います!

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターババア

    3歳児を育てているババア。一応、管理栄養士である。ブログ「ババア、育児をする」では、ミレーナ体験のほか、管理栄養士としての食事のアレコレや育児のオススメ情報、くだらない日記なども公開中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP