トイトレがプレッシャーで便秘に!便秘改善のためにおこなった秘策とは…

2021/02/06 14:25
0
トイトレのストレスのためか、便秘になってしまった息子さん。トイトレ中にうまく声掛けができないことが原因なのではと、パパがおこなった便秘改善の方法について紹介しています。

トイレトレーニング

 

私には5歳、3歳の息子、生後8カ月の娘がいます。わが家の3歳の次男はトイトレを始めて3カ月ごろ、ようやく昼間のおしっこは失敗なくトイレで出来るようになりました。しかし、うんちはまだ出ず、パンツの中で力んでそのまま出してしまいます。しかも、トイトレのストレスのためか便秘になってしまい、毎日出ていたうんちが3~5日間出ない日が続きました。そこでわが家なりの対策をしてみたので紹介します。

 

続きを読む

トイトレがスムーズだった長男

次男のトイトレを始めたのは2歳6ヵ月ごろで、保育園のプログラムで始めたタイミングで家庭でも始めました。

 

長男のトイトレのときは非常にスムーズで、始めて1カ月くらいですぐに昼夜問わずおむつを取って過ごせるようになりました。うんちも問題なくトイレでできていて、長男のトイトレで苦労した記憶はほとんどありません。

 

便秘になってしまう次男

長男のときの経験があったので、きっと次男のトイトレもスムーズにいくだろうと安易に考えていました。しかし昼間でも失敗が続き、なかなかうまくいかず……。長男のときにあまり苦労した経験がなかったので、次男にうまく声をかけてあげることができませんでした。

 

しかも、私たち夫婦が失敗することに不安になってしまい、何回も「トイレ行く?」と聞くことが次男にとってストレスになったためか、便秘になってしまったのです。うんちが出ないことに次男は気持ち悪さも感じているようでした。


わが家の対策

そこでまず便秘を解消するため「パンツでもうんちを出してもいいよ」と話し、「トイレ行こう」とあまりしつこく言わないようにしました。また、一般のトイレでは次男では足が届かずうまく力めないと考え、踏み台を購入。

 

すると、足が届くことでトイレで座る姿勢が安定し力めるようになり、トイレでうんちができました。1回出てからはコツを掴んだのか、昼夜問わず失敗することなくパンツで過ごせるようになりました。

 

 

トイトレがうまくいかないばかりか、便秘になってしまった次男。「トイレに行くよ」などのストレスになるような過度の声掛けをやめ、力めるような姿勢を保ってあげることで、うんちとおしっこ両方がトイレでできるようになりました。今では便秘になることもなく、自分から「トイレ行こう!」と元気よく言ってくれています。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:西川しょた

普段は看護師として勤務する5歳と3歳の息子、1歳の娘の父。育児に関する体験談を中心に記事を執筆している。


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。