リリース 赤ちゃんの名づけ 調査レポート 受賞情報

第6回【赤ちゃんの名づけエピソード】大賞発表!感動、激動のエピソードが多数入賞

 

ベビーカレンダー毎年恒例人気企画「赤ちゃんの名づけエピソードキャンペーン」。2020年はコロナ禍で、妊娠中や出産時に不安な思いをしたママ・パパも多かったと思います。そんななか、心温まる素敵な名づけエピソードが1,000件以上集まりました。

 

ベビーカレンダー編集部が選んだエピソード大賞1名、グッドエピソード賞10名を発表いたします。

 

続きを読む

第6回「赤ちゃんの名づけエピソード大賞」発表!

第6回赤ちゃんの名づけエピソード大賞/ベビーカレンダー

応募総数1,000件超! 第6回「赤ちゃんの名づけエピソード大賞」を受賞したのは「蘭」ちゃん(投稿者:蘭パパさん)。パパからの投稿が大賞に選ばれるのは、ベビーカレンダー史上初です。

 

~ 大賞受賞・名づけエピソード ~

仕事で成果を挙げ、9年間の妊活の末の妊娠と幸せの絶頂だった1人の男性が、ある日突然「うつ病」と診断。その後、初めてのわが子の出産を迎え「生涯ずっと幸せであるように」と願いを込めて名づけたというストーリー。

 

「子どもの存在が親を強くする」


そのことを教えてくれるような蘭パパさんのエピソードに、ベビーカレンダー編集部でダントツの票を集め、見事大賞に選ばれました。

 

この感動の名づけエピソードを、ベビーカレンダーの人気連載マンガ家まっふさんの書下ろしマンガ付きで発表しました。

グッドエピソード大賞

今回は10名のママ・パパが「グッドエピソード大賞」を受賞。二人目不妊のため不妊治療をおこない、ようやく授かったにもかかわらず臨月で夫から突然離婚を迫られたママさんや、新型コロナウイルスの拡大で不安が多いなかの妊娠、出産だったものの、日本中が希望に満ち溢れたオリンピックイヤーであったことを名づけに活かしたママさんなどが受賞しました。ぜひご覧ください。

【 赤ちゃんの名づけエピソード大賞とは? 】

日本では毎年約90万人の赤ちゃんが誕生しており、赤ちゃんの数だけ名づけエピソードがあります。産まれる前から名前を決めていた家族、産まれてから決めた家族、何度も考え直した家族……名前の決め方はそれぞれですが、毎年赤ちゃんの名づけには傾向があります。

 

さまざまな名づけエピソードを知っていただくことで、一生に何度もない大切なわが子の命名の参考にしていただければ幸いです。ベビーカレンダーの「赤ちゃんの名づけエピソード」が、みなさんのお子さんを笑顔にするきっかけとなりますように。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

名前ランキング検索

ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位を見ることができます。
 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。