ママネタ 育児 体験談 育児あるある

登り慣れた山でトラブル発生!楽しい登山が過酷な登山へと変わった理由

1

登山 家族

 

双子の息子が2歳になったばかりのころから、登山を始めました。登る山は標高329mで、帰りはロープウェイがあるため、行きの体力さえあれば小さい子でも登ることができる山です。登山する際には子どもの安全面などを考慮し、毎回同じ山を登るようにしていました。しかし、あるとき、私自身が腹痛に。一気に過酷になった体験談です。

 

続きを読む

2歳から始めた登山

初めての登山は乳児の娘を実家に預け、パパと4人で行きました。途中息子たちが疲れてしまい、それぞれ一瞬抱っこするときもありましたが、ほとんど自分たちで登ることができました! それから息子たちも気に入り、「山に行きたい」と言うように。

 

娘の体がしっかりしてきたので、2回目以降は1歳4カ月の娘も抱っこひもで一緒に連れて行くようになりました。万が一足を滑らせたときにすぐ動けるよう、パパは息子たちの近くで手を貸し、私は娘を抱っこひもで抱いて登っていくのがわが家のスタイルでした。

 

子どもたちの成長

娘は抱っこひもに揺られて眠ります。娘を連れているので、事前に息子たちに「抱っこはできない」ことを伝え、頑張って歩くよう促しました。

 

回数を重ねるにつれ、息子たちはどんどん成長を見せてくれました。最初は体力がギリギリでしたが、頂上に着いても元気いっぱいで抱っこなんて必要ありません。ゆっくり時間はかかりますが、息子たちが全身を使って頑張って登っていく姿は頼もしく感じました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。