生後1カ月で顔が真っ赤に!アトピーの悩み、ママ友からの情報に助けられた!

息子さんのアトピー性皮膚炎に悩んでいたママが、ママ友からアトピー治療で有名な皮膚科を教えてもらうことができ、適切な処方を受けられたという体験談です。ママ友のつながりは大切だと実感したそうです。

アトピーに悩み、ママ友に相談してみた結果

 

現在5歳の長男は、1カ月健診を受けた翌日から顔に赤い湿疹がポツポツと出始めました。最初は「赤ちゃんの湿疹はよくあること」と軽く考え、保湿剤を塗っていましたが、湿疹の範囲が広がるばかり。小児科でもらった薬を塗っても思ったように効果が出ず、途方に暮れていました。

 

続きを読む

ステロイド初体験

湿疹が出始めて1週間ほどすると、首や胸まで広がり、顔は真っ赤でジュクジュクしてしまう部分もあるほど。長男はかゆいのか首をよく触っていました。小児科に行くとステロイドを処方され、1週間後にまた受診し、状態が良ければ塗る頻度を減らすとのことでした。ステロイドを塗るとすっと湿疹は消え、顔も体もつるつるに。

 

2回目の受診でステロイドを減らすことになりましたが、つるつるの状態をキープ。3回目の受診で「薬はやめ、保湿剤だけ塗ろう」と言われたので、私は湿疹から解放されたといううれしい気持ちでした。

 

アトピーの診断にショック

しかしステロイドをやめて数日経つと、また顔に湿疹が発生。小児科の先生は「アトピーだね」とひと言。私は一生薬を塗り続ける体なのかとショックを受けてしまいました。「アトピーではない」と言われたいばかりに、その足で皮膚科を受診しましたが、同じ診断。小児科と同じ薬をもらいました。

 

結局、ステロイドを塗ってはやめるという治療を3カ月くらい繰り返し、毎回薬をやめると再発して、かいてしまう状態。肌にとっていいことではないような気がしていました。

 

新しい治療法にドキドキ

ママ友に相談すると、アトピー治療で有名な皮膚科があるとのこと。すぐにその皮膚科へ行くと、アトピーと診断されたものの、ステロイドと保湿剤を混ぜた薬を塗り続けるという、これまでとは違う治療法を提案されました。

 

軽い湿疹の状態をキープする程度の弱い薬を塗り続けると、長男本人はかゆみや不快感はなさそうで、私もひと安心。1歳半になるころには湿疹は出なくなり薬は不要に。先生は「肌が弱いうちは薬で保護して、成長して強くなるのを待てばいいのよ」と声をかけてくれました。

 

 

長男はそれ以来、きめ細かいすべすべ肌を維持できています。治療法に不安があったとき、ひとりで考えず、相談したり、他の病院を受診したりしたことがよかったと思います。ホームページのない皮膚科だったので、ママ友の言葉がなければ見つけられませんでした。ママ友のつながりも大切だと思った出来事でした。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:土田えり子

2人の男児の母。元記者で、現在はフリーランスとして企業のリリース記事や、自身の子育て体験談などを執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP