え…目が開けられない!?原因不明の怪症状に襲われた妊娠中~産後の体験談

2021/03/06 16:25
0
妊娠後期~産後にかけて、目を開けづらいという症状に悩まされたママ。当時はっきりとした診断はされなかったものの、妊娠、出産に伴うストレスが原因だったのではないかと感じているそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
相談
妊娠
病気・ケガ
産後
切迫早産
病院

目に違和感がある妊婦さん

 

1人目の妊娠後期から、目を開けづらくなってしまった私。日常生活に少し不便は感じていましたが、完全に目を開けられないわけではなく、当時はこの症状についてそこまで深刻に受け止めていませんでした。妊娠の影響かと思い、出産すれば治るかなと軽く考えていたのですが……。

 

続きを読む

期待に反して出産後もひどくなる症状

出産すれば治るのではないかという私の期待に反して、この謎の目が開けづらい症状は、産後ますますひどくなっていきました。妊娠中は、目が開けられないのは食事中や会話中など口や顎を使う場面に限られていたのですが、産後になると、徐々に目を開けていられない時間が増えていったのです。

 

当時は頑張って目を開けようとしないと目が閉じてしまい、ひどいときには頑張って開けようとしても開けられないという状態でした。

 

不安に駆られ病院を受診

育児という一大仕事が始まったばかりなのに、目を開けていられないというのは大変なことです。子どもを抱っこして交差点を渡ろうとしているときにも瞼が下がってきてしまい危険を感じたこともあり、これはどうにかしなければと病院を受診しました。まず出産でお世話になった産婦人科へ相談したところ、妊娠・出産は関係ないと診断されました。

 

次に眼科を受診しましたが、悪い所見はないとの診断。産後の安定しない精神状態も手伝って、自分は謎の怪病なのではないかといよいよ不安になってきたころ、「脳からの信号が瞼にうまく伝わっていないから開けられないわけで、脳に問題があるのではないか」と知人にすすめられ、脳神経内科を受診しました。

 

時間の流れと環境の変化で改善した症状

しかし脳神経内科でも「あまりよくある症状ではありませんが、自律神経失調症ではないかと……」というあやふやな診断でした。精神面からきている症状ではないかということで、脳神経内科の医師から心療内科へ行くことをすすめられましたが、心療内科はハードルが高いイメージがあり受診はしませんでした。

 

また、小さな子どもを連れて病院をあちこち回ることに私も疲れてしまっていたのです。その後もしばらくこの症状に悩まされましたが、引っ越しをして環境が変化したり、子育てにも慣れたりしていくなかで徐々に症状は改善し、産後1年半が過ぎるころには元のように自然に目を開けていられるようになりました。


ストレスが原因だったのかも!?

今振り返ると、妊娠中は、初めての妊娠だったことに加え、切迫早産で絶対安静を指示されていたことで精神的にかなり不安定な状態でした。産後は慣れない育児をほぼワンオペでこなし、育児書通りの子育てを目指してガチガチだったなあと思います。父親になった自覚の低い夫にも、日々ストレスを感じていました。

 

私の場合はこれらのストレスで目が開けられないという症状につながったのかもしれないですが、心療内科を受診しなかったので、正確な原因が何だったのかは未だにわかりません。

 

 

妊娠、出産で生活や価値観が大きく変わり、不安定な精神状態が目の症状に現れたのかもしれません。私の場合は、時間の経過と共に症状が改善したのでよかったですが、目が開けられないという症状の裏には重大な病気が隠れている可能性もないとは言いきれません。次に同じような症状が現れたら、心療内科の受診も検討しようと思います。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:澤崎 凪

1男1女の母。パーソナルカラーコーディネーターの資格を持ち、色彩関係、ファッション関係のほか、自身の体験をもとにした子育て関係のジャンルを中心にライターとして活動中。

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

  • 結局なんだったのかわからない記事はちょっと・・・

    2021/03/07 10:35

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。