「意外」の連続!緊張の中、麻酔をした次の瞬間…【子宮内膜症入院#7】

2021/03/03 20:55
12
「子宮内膜症で入院した時の話」第7話。ある日わずかに感じた痛みから、子宮内膜症が判明し、入院・手術をおこなうことになったオムニウッチーさん。病気の判明から受診や治療の様子、その後、予防のためにおこなったことなどをマンガでご紹介します。
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
体験談
マンガ
オムニウッチー

普段は雑貨店で店長として働いているオムニウッチーさん。ある日、わずかに感じた腹痛があれよあれよという間に激痛に……。婦人科を受診すると、判明したのは子宮内膜症。手術を決意し、ある予防策をするまでの経緯を、マンガにされています。

 

 

オムニウッチーです。現在39歳の私ですが、2016年、当時34歳で子宮内膜症、ほかもろもろが判明。手術を受けることにした経緯など、そのときの治療の様子を「子宮内膜症で入院した時の話」としてまとめています。

 

※この漫画は実話に基づいた体験談ではありますが、個人の印象・意見になります。すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

子宮内膜症で入院したときの話#7

子宮内膜症で入院したときの話#7

子宮内膜症で入院したときの話#7

子宮内膜症で入院したときの話#7

子宮内膜症で入院したときの話#7

いよいよ手術へ!

 

徒歩で手術室へ移動したり、ドリカムが流れていたり、意外なことは

いくつかありましたが、一番印象的だったのは「麻酔ってスゴイ!!」ってこと。

 

まさかのドリカムに、緊張がほぐれ、癒やされた瞬間……見事に落ちました。

そして気づけば、手術は終わっていたのです。

寸前まで看護師さんと会話してたはずなのに!

 

手術中って、頑張れることは何一つないんだな。
むしろ頑張るのは、手術が終わったこのあと……。
その話はまた次回!

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

 

著者

イラストレーター オムニウッチー


北海道在住。普段は、キッチン雑貨店で店長をしています。Instagramでは、店で遭遇するお客さんとのエピソードや自分の体験などを漫画にしています。



この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。