暮らし 体験談 生理

「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

21

保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

 

担任の男性教師から「放課後、保健室に行くように」と言われたのは、小学4年生の冬のこと。保健室に呼ばれたのは、女子ばかり7、8人。その場で保健の先生が初潮や生理について教えてくれたのですが、予備知識がなかったこともあり、そこで見聞きしたことは当時の私にとっては衝撃的! 当分の間、「生理は恥ずかしいもの」という思いがぬぐえなくなってしまいました。

 

続きを読む

クラスの女子で呼ばれたのは…私だけ?

放課後、保健室に集合するように言われたは各クラスから数人ずつの女子。私のクラスからは私ひとりでした。畳敷きのコーナーに輪になって座った私たちに、保健の先生が生理について、ひととおり説明しました。そして、「学年全体の授業は5年生になってからおこないます。ただ、あなたたちは生理が早く始まるかもしれないから、先に呼びました」と言ったのです。

 

改めてその場にいる子たちを見ると、背が高かったり、ぽっちゃりしていたり、発育のいい子ばかり。胸がほかの子より早く膨らんできたことを気にしていた私は、「先生たちからもそういう目で見られていたんだ……」という恥ずかしさでいっぱいになりました。

 

生理用ショーツっておむつみたい…

ショッキングなことはさらに続きました。先生は、「生理になったら、経血が漏れにくいショーツに生理用ナプキンをつけます」と言って、保健室に置いてあった大型のキューピー人形を使って実演を始めたのです。

 

横たわったキューピー人形に生理用ショーツをはかせている姿は、赤ちゃんにおむつをはかせているようにしか見えませんでした。その後、「初潮がくるのは大人の女性の体になったしるし」などのポジティブな言葉が続いたのですが、生理用ショーツをはいたキューピー人形は、お世辞にも素敵な大人の女性を想像させるものには見えない姿……。私は「こんなのはかなきゃならないんなら、生理になりたくない」と思ってしまいました。

 

先生からの説明が終わったあとも、シーンと静まりかえった保健室。顔を赤らめ話を聞いていたほかの子も、私と同じような思いをしていたようです。あの「先取り授業」については、居合わせた女子全員が口をつぐみ、噂になることもありませんでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。