食・レシピ 離乳食 コツ・ヒント 食べていいものダメなもの

赤ちゃんはツナをいつから食べられる?管理栄養士が教えます!

115

ツナ缶のイメージ
 

スーパーの缶詰コーナーに行くと、さまざまな種類のツナ缶があります。ツナがブロック状のかたまりになっているものや、フレーク状のもの、また油漬やスープ煮、水煮タイプのものまで! どんなツナ缶を買ったらいいのか、迷ってしまいますね。離乳食や幼児食の時期に使えるツナ缶は、どんなタイプのものなのでしょうか?

 

続きを読む

ツナ缶は、必ず表示をチェック!

ほろほろっと魚の身がほぐれ、いろいろな料理に使いやすいツナ缶。原料には、まぐろやかつおが使われています。市販されているツナ缶は、原料や形状、また調理方法によっていくつかの種類に分かれています。

 

油漬なのか水煮なのか、または塊のままなのかフレークタイプなのか。まずはパッケージに書かれてある原材料名と加工方法の表示をよく見て、ツナ缶を選びましょう。

 

水煮タイプのツナ缶からスタート!

離乳食では、7~8カ月ごろ(離乳食中期)以降から使うことができるツナ缶。離乳食で使うときは、無塩の水煮やスープ煮のツナ缶を選びましょう!

 

また、水煮のツナ缶にも、塩分や脂肪分が含まれています。調理する前に必ずざるにツナを入れて熱湯をまわしかけ、塩分をしっかり抜いてから使いましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。