記事サムネイル画像

赤ちゃん用に買ったベビーオイル。産後の乾燥肌に悩む私にぴったりだった使い方【体験談】

娘のために買ったベビーオイルは綿棒浣腸のときにしか使う機会がなく、なかなか減らないので「どうしようかな?」と思っていました。そんなとき、インターネットで調べたベビーオイルの使い方は、私の産後の乾燥肌を改善してくれました。今回は、私が試めしたベビーオイルの使い方とうれしかった効果についてご紹介します。

赤ちゃん用に買ったベビーオイル。産後の乾燥肌に悩む私にぴったりだった使い方【体験談】

 

産後の肌トラブルはホルモンが原因

乾燥肌のママにもうれしいベビーオイルの使い方

 

私は産後、抜け毛と白髪、乾燥肌に悩みました。おっぱいをあげているときも、肌のかゆみでイライラしてしまうこともありました。肌のかゆみをどうにかしたくて、いろいろな市販の化粧品を試しましたが、肌のかゆみは変わらず、乾燥の季節が近くなったことで、さらに肌のかゆみがつらくなるばかり……。

 

そこで皮膚科を受診すると先生から、「抜け毛、肌荒れ、気分の浮き沈みは産後のホルモンが減少することが原因ですよ」と教えてもらい保湿剤を処方してもらいました。

 

ベビーオイルのメリット

皮膚科で処方された保湿剤を使うと肌の調子も整い、乾燥肌も改善しました。しかし、娘がハイハイできるようになると、動き回る娘との病院の待ち時間がつらくなりました。そこで自宅でできる保湿方法をインターネットで調べて見つけたのが、「ベビーオイルによる保湿」です。

 

ベビーオイルを使う決め手になったのは、家にあったというのもありますが、一番は0歳の娘が触っても安心というところです。他にも、どのドラッグストアにも置かれているので買いやすく、低価格なところもメリットを感じました。

 

ベビーオイルの活用方法

ベビーオイルによる保湿方法はたくさんありましたが、私はメイクを落とすときにベビーオイルを使っています。私の肌質やメイク方法に合っているようで、メイクもベビーオイルで良く落ちています。

 

メイク落としをベビーオイルにする前まで、私の肌のかゆみはお風呂での洗顔後が一番つらく、かゆみを我慢しながらの娘の身支度は、イライラしてしまうつらい時間でした。しかし、ベビーオイルでメイクを落とすようになってからは入浴後、時間が経ってもかゆみを感じることが少なく、入浴後の娘との着替えも自分の気持ちに余裕が持てるようになりました。

 

 

ベビーオイルは、化粧水に混ぜて使ったり、パサパサが気になる髪につけたりすると効果があるそうです。ベビーオイルは今では私の肌を乾燥から守ってくれる欠かせない必需品になりました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

監修/助産師REIKO

イラスト/おもち


著者:半澤真弓

4歳の女の子のママ。ファッションやコスメが好きで、前職は百貨店に勤務。現在は夫の仕事の関係で東北在住、ワンオペ育児中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶