息子をバイリンガルに育てたい!そのために実践しているわが家の方法とは

フランスの田舎で、2歳近くになる息子に日本語教育をしている私。田舎なので日本語学校もなければ日本人コミュニティもなく日本語の環境はゼロ、夫もフランス人なので日本語環境を与えられるのはママの私しかいません。そんな私が自宅でおこなっている異国語教育を紹介します。

 

家でも外でも日本語

バイリンガル育児

日本の文化に触れさせる

日本の絵本や音楽に触れさせる

フランスでは3歳から義務教育で学校に通うことになるため、学校に通えば友だちができてフランス語が優勢になると考えた私。家にいる間、せめて3歳までは家の中では100%日本語環境を作ることにしました。

 

日本の家族から絵本や子ども向けの音楽を送ってもらい、YouTubeで日本昔ばなしなどを聞かせています。毎日のように日本の絵本を読んでいるためか、今は「かさじぞう」が息子の一番のお気に入り。日本の童謡をかけると息子はよく笑って踊っています。

 

2カ国語が当たり前の息子

夫は日本語が話せないので、息子にはフランス語で話しかける毎日。最初のうちは日本語にしか反応しなかった息子は、最近フランス語も理解し始め、夫の問いかけに「うん」と答えるようになりました。

 

夫はフランス語を理解し始めた息子に喜び、今ではよく話しかけています。息子にとってはママは日本語、パパはフランス語が当たり前なので、不思議がる様子もなく過ごしています。

 

 

私の場合「子どもに日本語を教えたい」という気持ちが強く、無理のない範囲で日本語教育を試してきました。私自身あきらめずに続けていると、息子にも変化が見られることがわかったのです。日本語環境ゼロの異国でも、家庭でバイリンガルを育てられると信じて、これからも夫婦で協力しながら続けていこうと思います。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:岩見 エリ

1男の母。看護師歴12年、現在はフランスで出産し子育て中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      とても共感したのでコメントさせて頂きます。私もフランス人の旦那と3歳のハーフの娘がいます。今は日本に住んでいますが、そのうちフランスに帰る予定なので私は日本語で旦那はフランス語で話かけています。私はフ… もっと見る
      とても共感したのでコメントさせて頂きます。私もフランス人の旦那と3歳のハーフの娘がいます。今は日本に住んでいますが、そのうちフランスに帰る予定なので私は日本語で旦那はフランス語で話かけています。私はフランス語が話せないので娘に教えられないのですが日本にいるためかやはり日本語が強く、フランス語があまりわからない状況で旦那が悲しんでるのをみて、バイリンガル教育にとても興味があり調べています。私も投稿者さんのようにフランスに帰った際は日本の文化を取り入れるように頑張っていかないとなとつくづく思いました。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶