【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

2021/03/17 15:25
0
「牛丼」でお馴染みの吉野家から、甘辛い特製たれで焼き上げた「焼肉丼」シリーズが3月1日から新登場しています。今回は吉野家厳選の貴重な部位を使った新作「牛焼肉丼」で、「並盛」「アタマの大盛」について徹底比較しました!
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
幼児食
グルメ
飲食店

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

「牛丼」でお馴染みの吉野家から、甘辛い特製たれで焼き上げた「焼肉丼」シリーズが3月1日から新登場し、「おいしい!」と話題です。今回は吉野家厳選の貴重な部位を使った新作「牛焼肉丼」で、「並盛」「アタマの大盛」について徹底比較しました!

続きを読む

「牛焼肉丼」、牛丼と何が違うの?

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

「牛焼肉丼」並盛 591円(税込)※テイクアウト価格

※写真は長ねぎ抜き

 

「牛焼肉丼」は「ショートプレート」と呼ばれる貴重な部位のカルビ肉を厚めにスライスし、甘辛い特製たれで焼き上げて、ほっかほかの白米にたっぷりのせた一品♪

 

通常の牛丼も同じ部位を使用しているそうですが、牛丼は「煮る」、牛焼肉は「焼く」のが大きな違いとのこと。甘辛い特製たれは、りんごとごま油が隠し味。フタを開けると食欲を誘う香りがふわっと広がります……!

 

アタマの大盛ってどんなメニュー?

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

「牛焼肉丼」アタマの大盛 709円(税込)※テイクアウト価格

 

吉野家の丼には、「小盛」「並盛」「大盛」「特盛」「超特盛」などのサイズがあります。その中に「アタマの大盛」というサイズがあるのをご存知ですか?

 

「アタマの大盛」とは、ご飯は並盛と同じ量のまま、上に乗せられた具材が多めになっているメニューのこと。アタマとは、そのよみの通り「頭」を意味します。丼の一番上にあるので、「アタマ」と表現しているのです。つまり具材だけが多めの、満足感たっぷりのメニューなんです。

 

並盛とアタマの大盛を徹底比較!

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

それでは、並盛とアタマの大盛を比較していきましょう!

 

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

ご飯の量は並盛と同量の「アタマの大盛」ですが、容器のサイズも違います。左が「

並盛」で右が「アタマの大盛」。「アタマの大盛」のほうが、一回り大きいのがわかりますね。

 

具材の量はどれくらい違うの!?

それでは、肝心の具材の量について比較してみます!

 

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

まずは並盛の具材から。

具材だけを取り出して計ってみたところ、109.5g。たれがたっぷりかかったご飯がとってもおいしそう!

 

【吉野家】超おいしいと話題!牛丼とどこが違うの?新商品を徹底比較!

 

つぎに「アタマの大盛」。

長ねぎを抜いて同様に計ってみたところ、131.5g。お皿に取り出してみると改めてそのボリュームにびっくり!

 

「並盛」と「アタマの大盛」の具材の重さの違いは22g。「アタマの大盛」は食べ応えのある量です。1つの丼を子ども2人でシェアするとき、並盛ではおかずが足りないなんてときも、具がたっぷり乗った「アタマの大盛」が使えそう◎!

 

吉野家の「牛焼き肉丼」、激うまでした!

いざ食べてみると、いつもの牛丼とはまったく違ったお味! 甘辛い焼肉のタレがとってもおいしくて、あっという間にペロリと食べてしまうほど。タレが下まで染みたご飯だけでもおいしくて、並盛りでは正直足りないくらい。子どもたちもお代わりしていました。

 

 

「牛焼肉」は丼以外に定食や御膳もあります。(※「牛焼肉定食」と「牛焼肉御膳」はテイクアウトできません)

「牛焼肉丼」はテイクアウトも可能とのことですので、ぜひおうちでも外食気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗では営業時間の変更などを実施している可能性があります。商品購入の際には自分だけではなく周りの方、スタッフの方への感染防止対策を十分におこない、安全性に配慮していただくなどご注意ください。外出を楽しめる日が1日も早く訪れますように!

 

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。

 


著者:福島絵梨子

新しい物、便利なグッズが大好きなライター。女子力の高い娘と甘えん坊の息子、誰よりも子どもっぽい夫との4人暮らし。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています。


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。