暮らし 体験談 結婚

出会いはまさかの「酔っぱらい介抱」!?気づけば病床で告白されて…

1
2

出会いはまさかの「酔っぱらい介抱」!?気づけば病床からの告白されて…

 

私は、その当時、結婚に関心がありませんでした。正直、あまり男性を信じていなかったのです。でも、ちょっと変わった夫との出会いが私の気持ちを変え、結婚に至ってもう11年。そんな結婚までの経緯をお話しします。

 

続きを読む

ほっとけずにコンビニ前で介抱した酔っぱらいが夫との出会い

夫と知り会ったのは今から11年前の5月2日。当時の私は、日中はベッドメイキングの仕事、夜は飲食店の経営と、一日中仕事にいそしんでいました。

 

その日、彼は早い時間から飲んでいたようです。そして、酔って町中をフラフラした挙句、コンビニの前で倒れていると、飲食店のスタッフから連絡がありました。私は「そのままにしていたら危ないから、お店に連れてきてあげて」とスタッフに声をかけたのですが、「知らない人だし、嫌です……」と断られ、そのまま帰宅してしまったのです。

 

私はなんだかほっとけなくて、お店を閉めて彼のところへ。「お兄さん、大丈夫ですか? こんな場所だと風邪を引くから、私の仕事場に一緒に行きましょう」と話しかけ、日中の仕事先に彼を連れて行きました。社長にいきさつを話すと「一部屋使ってもいいよ」と承諾をもらえたので、彼を休ませることにしました。

 

体調不良で大病院へ救急搬送

彼がある程度、回復したところで、帰ることに。一緒に駅に向かう途中、「酔い覚ましに」と喫茶店に入り、2人でお昼ご飯を食べることになりました。そして、「さぁ食事」というタイミングで、また彼が体調が悪くなってきました。トイレへ行ったのですが、なかなか戻りません。心配していたところに、「トイレで男性が倒れている」と、ほかのお客さんがお店の人に言っているのが聞こえてきました。

 

私はトイレに駆けつけた後、まずは近くの病院に運んだのですが、「こちらでは詳しい検査ができません。今から救急車を呼ぶので大きな病院に行ってください」と言われて救急車にのることに。そして、なんと彼は搬送中に気を失ってしまいました。

 

搬送先の病院では長い時間待たされ、ようやく先生が来たと思ったら衝撃の一言。「ご本人の体力次第ですが、最善は尽くします。現状は危ない状態です」。びっくりした私は、思わず先生に「お金ならかかってもかまいません。いくらでも出しますので助けてあげて下さい!」とお願いしていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。