暮らし 体験談 結婚

「え、ここ!?」絶好のタイミングをすべてスルーした彼のプロポーズ場所は…

9

絶好のタイミングをすべてスルーした彼のプロポーズの場所は…

 

付き合い始めた18歳から6年の遠距離恋愛を経験した私。彼が地元に戻ってくるというので、私は「帰ってきたらプロポーズ!? からの結婚!?」とばかり思っていました。しかし、現実は違ったのです……。

 

続きを読む

遠恋6年の彼がUターン。ついにプロポーズとはやる私…

夫とは18歳のときから付き合いがスタート。彼は高校卒業と同時に地元を離れることが決まっていたので、交際が始まってしばらくすると遠距離恋愛を余儀なくされました。

 

それでも「私が大学を出るころには、彼の元へ行って……」「23くらいで結婚したいなぁ」なんてプランを考えつつ、4年間の遠距離恋愛期間を過ごしました。しかし、4年後、彼は「必ず地元に戻るから」と言い、そのまま大学のある場所で就職し、私は地元で就職をすることに。そして、遠距離恋愛期間が6年になるころ、彼が転職して地元に帰る決断をしてくれたのです。

 

Uターンの知らせを聞いた私は「きっと帰ってきたらプロポーズだ!」と浮かれまくり!! そして「プロポーズするなら、きっと何かイベントごとがあるときとか、そういうタイミングよね……。ってことは、そろそろやってくる私の24歳の誕生日かな!?」。そう思い込んだ私は、誕生日が近づくともうソワソワしっぱなしだったのです。

 

イベントのたびに「きっとプロポーズだ!」とソワソワ

でも、期待とは裏腹に、その年の私の誕生日にはプロポーズはなし。私は彼に「結婚式では自分の髪でヘアアレンジをしたい」という願望を伝えていたので、誕生日までは髪を伸ばして「結婚式に備えているよ」アピールをし、プロポーズがないとわかると伸ばしていた髪を切って「結婚まだしないのね」という、わかりにくい遠回しなアピールをしていました。

 

そして、25歳の誕生日。このときもプロポーズはなかったのですが、誕生日を少し過ぎたころ、彼が内緒で応募してくれていたディズニーのカウントダウンイベントに当選!! 「もう…プロポーズは絶対ここでしょ!」というシチュエーションを控え、またもやソワソワしながら年末を迎え、いざ当日……。

 

無事にカウントダウンのイベントは終了しました。ええ、プロポーズなど何もなく……。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。