「そろそろ私、30だよ…」口先ばかりの彼と出産を天秤にかけた私の選択

2021/03/31 20:55
1
最良のパートナーとして長年付き合ってきても、わずかなタイミングのズレで結婚に至らないケースも。この女性もタイミングがすれ違い、11年という永い春にピリオドを打ちましたが、そのおかげで新たな出会いにつながったそうです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
結婚

絶好のタイミングをすべてスルーした彼のプロポーズの場所は…

 

「結婚はタイミング」とよく聞きますが、本当にそう思います。私は18歳のときから11年付き合った彼がいましたが、タイミングが合わずに別れを選択。しかし、そのおかげで、今の夫に出会うことができました。

 

続きを読む

父を亡くした私に、立ち直る手助けをしてくれた彼

18歳のとき、大学で知り合ったひとつ歳上の彼と付き合い出しました。彼とはフィーリングがとても合うし、すごくやさしい人。当時、父親を病気で亡くして人生のドン底にいた私は彼に救われました。今の私がいるのも、彼が立ち直る手助けをしてくれたからだと思っています。

 

私も彼も就活時期に入るころ、私は県外出身の彼に「彼の地元で就職してもいい」と伝えました。でも、彼は大学のある私の地元が気に入ったそうで「こっちで就職するから、いずれ結婚してここで暮らそう」と。そこで、2人とも私の地元で就職活動をし、私はいち早く内定をもらいました。しかし、彼はいつまで経っても本格的な就活をせず、卒業ギリギリになって、私の地元でも彼の地元もない県で就職。「しばらく働いて転職するから」という言葉を信じて、遠距離恋愛になりました。

 

出産も考え29歳の誕生日前に別れを決断

その後、24歳のとき、私は転職を考えるようになり、彼の職場近くで職探ししようかと聞いてみました。でも、彼は「俺も絶対にそっちに帰るから!」と言われ、私は地元で再就職。しかし、これを機に彼も私の地元に住まいを移し、同棲を始めることになりました。

 

あとは彼の転職だけというタイミングで、私は「結婚したい」と伝えました。しかし、彼の返事は「すべてが整うまで待ってほしい」とのこと。ただ、彼がちゃんと転職活動する様子は見られず、それを不満に思う私。気づくと私は28歳になっていました。

 

実はその間、何回か彼から「結婚しよう」という話はあったのです。しかし、一度「すべてが整うまで」と言われて待っていた私は、彼が転職を決まるまでは結婚したくないと思い始めて……。それでも口先ばかりで行動に移さない彼にプツン。言葉では言い表せないほど大切な存在でしたが、30代を目前に出産を意識した私は、29歳の誕生日を前に、11年付き合った彼と別れる決心をしました。


積年の思いを手放したことで得られた出会い

彼と別れた後は何もかもがポッカリなくなったようで、ただ仕事に打ち込むだけの日々が2年ほど続きました。そして、30歳を過ぎたころ、趣味のスポーツで知り合った人と付き合うようになり、31歳で結婚。夫は別れた彼と同じくらいやさしい人で、フィーリングも合い、一緒にいて安らげる人。そして子どもも授かりました。

 

 

私は、人生において、何かを得るためには何かを捨てなければならないときがあると思います。長年付き合った彼との時間、思い出、情、恩、築いてきたもの……。特に私は、亡くした父親の穴を埋めてくれた彼に大きく依存していました。手放すのは本当につらかったです。

 

ですが、それを手放したからこそ、今の夫と子どもに出会うことができました。別れた彼も最近結婚したそうで、やっぱりあのとき、傷ついてでも離れて良かったのだと思っています。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

文/さとこさん


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。