ママネタ 育児 育児の悩み 体験談 卒乳・断乳 コミュニケーション 寝かしつけ

健診で「開咬気味です」と指摘されショック…歯に悪影響だった毎日の習慣

8
寝つきの悪い息子さんは、タオルをしゃぶることで夜泣きが解消し、パパとママは助かっていたそうです。しかし、ある日歯科健診で、医師から「開咬(かいこう)気味」だと伝えられることに! 意を決してタオルしゃぶりを卒業させたという体験談です。

口を開けた男の子

 

卒乳したばかりの息子は寝つきが悪く、寝つくのに2、3時間かかるのは当たり前。夜泣きも激しくて、親もろくに眠れませんでした。そのうち息子にはお気に入りのタオルができ、それをしゃぶりながら眠るように。結果、寝かしつけの時間が短くなったものの、2歳半の歯科検診で「開咬(かいこう)気味」と診断を受けてしまいました。3歳の誕生日を前に、息子のタオルしゃぶり卒業に成功した体験談を紹介します。

 

続きを読む

息子のタオルしゃぶりに救われた私と夫

寝る間際の授乳中に寝ていた息子は、卒乳後は口寂しいのか、じょうずに寝つけなくなりました。寝かしつけに2、3時間かかるのは普通で、夜には何度も泣いて起こされる日々。そんなとき、いつものように寝かしつけをしていると、息子が布団の上のタオルをしゃぶりながら眠っていました。

 

それからは、そのタオルが息子の大のお気に入りに。毎晩しゃぶりながら眠るようになったおかげで、寝かしつけにかかる時間は短くなりました。夜に目が覚めても自分でタオルをしゃぶって寝てくれるので、夜泣きもほとんどなくなり、親子そろってよく眠れるように……。

 

タオルしゃぶりで「開咬」気味に!?

それまで息子の夜泣きに悩まされていた夫と私は、おしゃぶりタオルのおかげで、夜ゆっくり眠れるようになりました。洗い替え用のタオルも買い足し、平穏な日々が続きました。しかし、そんな穏やかな日々も終わりを迎えます。きっかけは息子が2歳半で受けた、市の歯科検診。そこで歯医者さんから「開咬気味ですね」と伝えられたのです。

 

歯医者さんによると、タオルしゃぶりの習慣が原因で前歯が嚙み合わなくなってしまっているとのこと。そんなことも知らずに、息子にタオルを与えていたなんて……。私はとてもショックを受けました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。