ママネタ 育児 育児の悩み 体験談 コミュニケーション

言葉が少ない2歳息子の発達心理相談!衝撃的な事実を突きつけられて…

78
あまりうまく話せない2歳の息子さん。しかし、ママはゆっくりマイペースに成長していると思っていました。ところがそんなある日、発達心理相談を受けたところ、臨床発達心理士さんから衝撃的な事実を突きつけられたという体験談です。

2歳 子ども

 

2歳の息子は言葉が少なく、話す言葉は喃語と単語がいくつかだけ。1歳半健診のその後のフォローで、発達心理相談を受けてみることになりました。発達がゆっくりでもマイペースに成長してくれたらいいなと思っていた私ですが、臨床発達心理士さんからの視点で見た息子の状況を知り、衝撃を受けたお話です。

 

続きを読む

2歳を過ぎても言葉が増えない息子

2歳の息子は単語いくつかと喃語で話すだけですが、親としては言葉の遅れが気になるものの、発達がゆっくりというだけでマイペースに育っているのかな、と比較的ポジティブに捉えていました。 しかし、1歳半健診から半年が経ったころ、住んでいる区の保健センターから「現在の状況を教えてほしい」と電話がありました。

 

言葉が増えていないことや保育園に通い始めたあとだったこともあり、登園することが大変なときもあると話をしたところ、一度発達心理相談を受けてみないかとすすめられたので、私も息子のことを知りたいと思い予約しました。

 

臨床発達心理士さんからみた息子の状況は

相談の部屋に入って、臨床発達心理士さんが息子に声をかけてくれましたが、緊張でこわばっていた息子。でも視界におもちゃが入るとすぐに遊び始めました。その間に息子の様子を観察しながら、私が気になることや息子の状況を臨床発達心理士さんが問診。

 

ある程度私から話を聞き、息子の行動の様子も観察したところで、臨床発達心理士さんが私に「息子さんは今、安心を感じているものが、おもちゃになってしまっている」と教えてくれました。息子にとっては、親よりもおもちゃのほうが安心なのかと衝撃を受けた私。

 

臨床発達心理士さんからのアドバイスは

さらに、息子は人に甘えたりコミュニケーションを取ったりすることが苦手なタイプだということ。「これは生まれつきのものであって育て方や親の対応が悪かった結果ではないから、絶対に自分を責めないでね」、とおっしゃってくださいました。

 

ただ、これからは人との信頼を作っていくために遊ぶときは一緒に遊んであげること、家ではなるべく息子を否定しないことを頑張ってみて、と臨床発達心理士さんからのアドバイス。私がやってきた今までの育児の概念からは、目から鱗のことばかりでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。