マンガ 体験談 マンガ 山口がたこ

「女の子なのに」はプレッシャーだった。娘の好みを尊重してあげられず反省

2
5
電車や戦隊ヒーローが好きな娘さん。しかし、あることをきっかけに人前では戦隊ごっこをしなくなりました。ママは自分が言った言葉が娘さんのプレッシャーになったのでは……と自らの言動を反省し、考えを改めることにしたそうです。

現在6歳の娘は、小さなころから電車や戦隊ヒーローがお気に入りで、色はピンクより水色が好きというタイプです。幼稚園に入り、周りに女の子のお友達が増えると、周りの女の子たちとの違いが心配になり、娘の好きな物を否定するような言動をとってしまって後悔した経験をお伝えします。

 

女の子らしさ

 

女の子らしさ

 

続きを読む

プリンセスより戦隊ヒーローが好きな娘

娘が幼稚園に入園するまでは、電車や戦隊ヒーローが好きなことをそれほど気にしていませんでした。しかし、入園後に女の子のお友達との付き合いが増えると、娘とお友達の興味の違いが徐々に気になるようになってしまいました。周りの女の子たちが好きなのはプリンセス。娘が好きなのは戦隊ヒーロー……。

 

好きな遊びが違うと、一緒に遊ぶのに支障が出るのではないかという心配もありました。そして、初めて遊ぶお友達やそのママには、「女の子なのに、戦隊ヒーローが好きなの」というふうに娘のことを紹介する場面が日常的にありました。

 

女の子は女の子らしくしなきゃダメ!?

子どもは大人の話を意外とよく聞いているもので、娘は「女の子なのに」と言われていることを頭の片隅で気にしていたようです。入園したてのころは男の子たちと戦隊ヒーローの話で盛り上がっていた娘が、いつしか「私は女の子だから、戦隊ごっこなんかしない」と口癖のように言うようになり、周囲に対しては「戦隊ヒーロー好きの女の子」を封印するようになりました。

 

しかし、家でひとりで遊んでいるときには、相変わらず人形を使った戦いごっこをすることが多く、人の目がある場所では無理して女の子らしくしようとしているようです。私が「女の子なのに」と言っていたのが原因なのではないかと感じ、自分の言葉を反省しました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 最近のランドセルってカラフルでびっくりしますよね。付いて20年前までは女の子は赤、男の子は黒だったのに今は色の種類もデザインも豊富で随分カタログを見た記憶があります。 協調性とか、女の子らしさはお母さ… もっと見る
    最近のランドセルってカラフルでびっくりしますよね。付いて20年前までは女の子は赤、男の子は黒だったのに今は色の種類もデザインも豊富で随分カタログを見た記憶があります。
    協調性とか、女の子らしさはお母さんなので気になる部分だと思いますが、年齢を重ねて集団行動していけば自然と身につくモノですよね。今好きなものを受け入れて、変化を見守るのも大事だと私は思います。
    因みに今は女の子も水色のランドセルの子多いですよね!
  • アンタの好みと娘の好みは違うだろうよ
    +13 -0

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。