医療 体験談 妊娠 出産 帝王切開 病院 妊婦健診(妊婦健康診査)

「どうか1日でも長くおなかにいて!」前置胎盤と診断され、突然の出血で危険な状態に…

1
11

「どうか1日でも長くおなかにいて!」前置胎盤と診断され、突然の出血で危険な状態に…

 

長男を妊娠中、私は前置胎盤の診断を受けました。突然の出血やおなかの張りなど、決して順調とは言えない出産をむかえることになりました。前置胎盤と診断されてから出産に至るまで、私が体験したことをお伝えします。

 

続きを読む

夜中に突然の出血!

私は妊娠27週の健診で、先生から前置胎盤だと告げらました。もうこの時期だと胎盤の位置は大きく動くことはないので、帝王切開での出産も確定。里帰り出産の準備も早めに済ませて、あと数日で実家に帰るという妊娠29週をむかえたある日の夜中、突然の嫌な予感で目覚めました。

 

トイレに行って確認してみると、予感的中、出血していたのです。「前置胎盤は出血すると危険」という知識はあったものの、突然のことにパニック! とにかく慌てて病院へ電話をしました。

 

「1日でも長くおなかにいて」と願う日々

それまで通っていた産婦人科クリニックでは十分な対応ができないということで、なんと救急車で大学病院に運ばれることに。人生で初めての救急車にきょろきょろとしつつ、とにかくおなかの子の無事を願い続けました。結局、「今はいったん出血が止まっているけれど、次に出血したらすぐに帝王切開をしないと危ない」ということで、即入院になりました。


医師からは「まずは妊娠34週を目指しましょう」とのこと。おなかが張ると出血の可能性が高まるので、尿道カテーテルが挿入され、絶対安静の入院生活。張り止めの点滴の副作用で、頭はもうろうとし、常に心臓はドクドクと速く動き、手の震えが止まらず、とにかく横になって目を閉じて時間をやり過ごすしかありません。

 

不安に押しつぶされそうになりながら、ただただおなかの子に「1日でも長くおなかにてね」と願い続けました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 前置胎盤、出血、30週の緊急帝王切開、NICU……私も全く同じでした! ただただ無事に生まれてきてくれた息子に感謝です🧡

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。