暮らし 体験談 結婚

つらいときにこそ実感できた「この人結婚してよかった」その理由は…

17

つらいときにこそ実感できた「この人結婚してよかった」その理由は…

 

「病めるときも、健やかなるときも……」といいますが、本当につらいことがあったとき、パートナーがどんな対応をしてくれるかというのは、結婚生活において重要なことのように感じます。私の場合も、とてもつらいことがあったときに、夫の対応で心が救われた……そう思える出来事がありました。

 

続きを読む

30歳で妊娠。夫と2人で喜んだのもつかの間…

30歳のときに、念願の妊娠をした私。夫に妊娠を告げたところ、まだ実感はなさそうではありましたが、子どもが大好きな人なので、とても喜んでくれました。

 

ところが、妊娠2カ月のころ、稽留流産していることが判明。医師からの説明では、「手術をして、おなかの赤ちゃんを取り出さなくてはならない」ということになったのです。
 

もう子どもが望めないかもと悩む私に夫がくれたひと言

手術当日、夫は会社を休んで病院に付き添ってくれました。そして、私以上に私の体を心配してくれていました。

 

そして、手術。

 

手術自体は無事に終えたものの、私の心は追いつかず、大切なものを失い、心にぽっかりと穴が開いたような喪失感でボーッとしてしまっていました。そんな私に、夫が「お疲れさま」と声をかけてくれた瞬間、私は泣き出してしまいました。

 

実は私はもともと体が弱く、妊娠しづらい体質と言われてました。そんななか、せっかく授かれた命だったのに……。この先も、赤ちゃんを授かれなかったら……。夫も子どもが大好きなのに……。そう思うと、不安や心配は増すばかり。でも、夫は「赤ちゃんが授かれなかったときは、そうだな、2人で猫と犬を飼って仲良く暮らそうよ」と言ってくれたのです。

 

私はこの言葉が本当にうれしくて、「この人と結婚して本当に良かった……」と実感しました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。