暮らし 体験談 結婚

「片付けスキルが残念」な夫。結婚後、みるみる上達したコツは!?

7
家事がちゃんとできるパートナーは心強いもの!この女性のパートナーは、交際当時「ちょっぴり残念」なポイントもありましたが……。パートナーの努力とこの女性の心遣いで、お互いがハッピーになれたようです。

「片付けスキルが残念」な夫。結婚後、みるみる上達したコツは!?

 

6年間のお付き合いを経て結婚した夫。交際中は半同棲状態だったので、お互いのことは知り尽くしたと思っていたのですが、結婚後にも新たな発見がありました。

 

続きを読む

料理は好きだった彼。でも、後片付けは…

夫とは大学1年生のときに知り合い、ほどなく交際がスタート。6年間お付き合いして結婚しました。交際中は半同棲状態でしたが、基本的に「自分の家の家事は自分で」というスタンス。彼も自分の家ではひと通りの家事をこなしていました。

 

そのため、夫は一人暮しのころからある程度の家事ができ、料理も割りと好きな人だったのですが……。問題は料理を作ったあとです。

 

当時、料理後のキッチンは荒れ放題。料理途中で洗わないのでシンクは調理器具の山、コンロ回りはこぼれた食材で豪快に汚れており……。料理してもらったときは、お礼に私が片付けを担当することも多かったでのですが、荒れ放題のキッチンと大量の洗い物は正直億劫でした。

 

結婚後、さらに料理に目覚めた彼!

そんな彼ですが、結婚してからはさらに料理に目覚めました。

 

交際中、彼が得意としていたのは、複数のドレッシングやタレを混ぜて作るオリジナルの味付け。これが絶妙な組み合わせでおいしく、私も味のとりこになっているのですが、どちらかと言えばこれは「ザ・男の料理」といった感じ。

 

そんな夫が、子どもが産まれて私が食事の支度をスムーズにできなくなってからは、コロナ禍による自粛期間も重なって料理スキルがメキメキ上達。ローストビーフや角煮など手の込んだものを作るようになったのです。揚げ物なんて私よりも上手!

 

肉料理にとどまらず、魚は捌くは、寿司は握るは……。数年前からハマっている蕎麦打ちなんて、もはやお店でも始められそうなレベル! おかげで授乳期にもおいしくて栄養あるごはんを食べることができました。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。