予定通りの生理と勘違い!出血、おりものの変化は異常のサインだった…

安定した月経周期は健康バロメーターの1つ。ただ、安定していたゆえに、勘違いをしてしまうこともあるようです。この女性は「いつも通り」と勘違いしたことで、体からのSOSにすぐ気づかず、1カ月も症状を放置。結果、判明したのはある異常でした。

予定通りの生理と勘違い!出血、おりものの変化は異常のサインだった…

 

私は、ほぼ28日周期で生理がやってきます。これまで規則正しいサイクルで困ることはなかったのですが、きっちりしていたことで、逆に体の異変を見過ごしてしまったことがあります。

 

続きを読む

ほぼ28日周期でやってくる私の生理

私の場合、生理の周期がきっちりしています。28日周期でくることがほとんどで、あまりズレたこともありません。
 

そのため、生理が始まるころに出血があれば「生理がきたんだな」と思うだけ。それで何も問題ない日々を送っていました。

 

タイミング的には生理開始日。でもちょっと変かも…

そんな私が31歳のときの出来事です。ある日、出血がありました。タイミング的にはちょうど生理が始まる時期。いつもと違って激しい腹痛があって、いつもよりも経血量が多い感じはしたのですが、予定通りの生理ということで、特に何かを疑うことはありませんでした。

 

ところが、いつもであれば5日ほどで終わる生理が、このときは1週間以上かかりました。「こんなときもあるかな」と気にせずいたのですが、一度は出血がおさまったのに、時々ピンク色のおりものが出るようになったのです。

 

おりものに鮮血が混じるようになり、病院へ

ピンク色のおりものは徐々に増えていき、だんだんとおりものに鮮血が混じるように。腹痛もあったため、「いつもとは違う」と感じ、最初の出血から1カ月ほど経ったころ、ようやく婦人科を受診しました。

 

医師の診断結果は子宮外妊娠――。

診察後に大きな病院へ救急搬送され、即日手術をすることになりました。

 


生理と勘違いするぐらいの出血だったので、今思えば最初からおかしかったのでしょうが、今回ばかりは規則的な生理周期がアダとなり、異変に気づくのが遅くなってしまいました。少しでもおかしいなと思ったら、もっと早く病院を受診すればよかったと後悔しました。

 

そして、それからちょうど1年後、再び私は妊娠することができました。無事に出産を終えた今は、「あのとき着床できなかった子が帰ってきてくれたのかな」と思えて、少し救われた気がしています。
 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO

----------

文/東 のんさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP