ママネタ 育児 体験談 育児あるある 保育園・幼稚園 お友だち

苦手だった虫を克服したママ!子どもと飼育することで広がった新しい世界

1

虫取り

 

2020年の初夏から、コロナ禍での自粛期間中に、虫を飼うことがマイブームになった6歳の娘。てんとうむし、バッタ、何に孵るかわからないあおむし……。さまざまな虫を飼ってみました。もともと虫が苦手な私は、当初虫を飼うことに前向きではありませんでしたが、飼い始めてみると日々いろいろな発見があり、意外と楽しく、飼ってみてよかったと思うことがたくさんありました。今回は、虫を飼ってみてよかった点をご紹介します。

 

続きを読む

よかったこと1:知識が増える

虫を飼うためには、まずその虫がどんな環境を好み、何を食べるのかを知らなければいけません。飼おうとしている虫のことをネットや図鑑でいろいろ調べて、虫のおうちの環境を整えます。

 

娘はもちろん、虫にこれといった興味もなく生きてきた私にとっては知らないことだらけで、新しい知識が増える新鮮さがありました。虫に関する知識なんて、子どもがいなければ、一生知ることのない情報だったと思います。

 

よかったこと2:交友関係が広がる

幼稚園のお友だちには、虫好き男子がたくさんいます。虫を飼い始めたことによって、それまでスルーしていた男の子たちや、そのママたちの虫会話に興味を持てるようになり、話題に入れるようになりました。

 

虫を飼っていてわからないことを虫博士のような男の子に聞いたり、虫好き男子のママに虫の展示が充実している博物館を紹介してもらったりと、交友関係の幅も広がったと感じます。お友だちと公園で遊んでいる最中にも虫が出現するとみんなで虫を観察し、虫取り遊びも一緒に楽しめるようになりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。