暮らし 工夫 体験談 断捨離

増え続ける子ども服。ついに置き場所が…!わが家の片付け方法3つを紹介

1

洋服

 

娘が大きくなるにつれて着られなくなった服は、すべてダンボールに入れて実家に送っていた私ですが、あるとき自宅にあった子ども服を友だちのお子さんにあげたことがありました。その体験から、こまめに子ども服の断捨離をしておけばよかったという後悔とともに、私がおこなった断捨離の方法についてお話しします。

 

続きを読む

実家が物置小屋に

以前住んでいた自宅には収納スペースがあまりなかったので、現在8歳の娘が小さいときに着ていた服を、私は田舎にある実家に毎年送っていました。初めは2人目が生まれたら引き取って使おうと思っていたのですが、計画的には生まれず。

 

「もったいない」と思う性格が仇となって捨てるに捨てられず、どんどん実家が倉庫のようになっていきました。そして、とうとう私の母から「いい加減、あなたの部屋が倉庫になっているよ」と言われる始末でした。

 

リユースでお部屋スッキリ!

わが家が引っ越しをすることになったとき、ついに断捨離を決意しました。4歳くらいから使っていた服は実家に送らずに残っていたので、きれいな物以外は処分することに。

 

ちょうど友だちに娘より小さい子がいたので譲ることができ、大半の服をリユースしてもらえたのです。使わなくなった服であふれかえっていたたんすがスッキリ! 引っ越しのときも助かりました。

 

フリマサイトやリサイクルの有効活用

友だちに服を譲ると、たんすの肥やしになっていただけの服がすっきり片付いただけでなく、自分が気に入って買った服をまた使ってもらえることに喜びを感じました。

 

この体験をきっかけに、フリマサイトやリサイクルショップを有効活用するようになった私。フリマサイトでも購入してくれた人が喜んでくれたことがうれしく、着なくなった物をたくさん残しておかず、きれいなうちに譲っておけばよかったなと思いました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。