暮らし 体験談 生理

「お、お父さん!?」生理で寝こむ私を、仕事人間の父が起こしにきて…

1
21

「お、お父さん!?」生理で寝こむ私を、仕事人間の父が起こしにきて…

 

生理痛がひどい日には鎮痛薬にお世話になっている私。しかし、ある日、常備していた鎮痛薬を切らしてしまい、寝こんでいました。すると、そんな私に父が話しかけてきたのですが……。

 

続きを読む

鎮痛薬を切らし、痛みに耐えていた

私は生理2日目と3日目の生理痛がひどく、寝込むこともあり、そんなときは鎮痛薬にお世話になっています。その日、常備していた鎮痛薬が切れていたことは知っていましたが、まだ生理1日目。仕事が落ち着いたら買いに行こうと思っていました。しかし、これまでの生理と違い、1日目なのに腹部が痛み始め、体がだるくなってきたのです。私はひとまずリビングのソファで横になり、やり過ごすことにしました。

 

この日、父は仕事が休みで、買い物に行きたかったようです。リビングのソファで横になる私を見て、「車出してくれない?」と頼んできました。父は車の免許を持っておらず、行きたいところがあるときは、自分の自転車で行くか、私が車を出すのです。

 

父は小さな買い物や近場の場合、自転車で行くことが多いですが、自転車では行けない遠い場所か大きなものを買う買い物をしたかったのでしょう。しかしこのとき、私は車を運転できるほど体調が回復していなかったので、生理で体調がすぐれないことを理由に断りました。

 

そして父は出かけていった…

私に断られた父は、出かける準備をして自転車に乗りどこかへ出かけて行きました。このとき、私は少し眠くなってきており、いつの間にか熟睡していました。

 

そして1時間ほど経ったころ、私は父に起こされたのです。

 

すると父は、私に薬局の袋を渡してきました。袋の中を見てみると、さまざまな種類の鎮痛薬。私がどの鎮痛薬を使っているのかわからず、店頭に並んでいたものをすべて買ってきたそうです。昔から仕事人間で、他人にも家族にも関心がなさそうだった父が私のために薬を買ってきて、とてもびっくりしました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 自分が大人になると家族との関わり方で気づくことがたくさんあるなと最近実感しています。子どもの目線では気づかなかった優しさとか思いやりも、大人同士ならわかることもあるんですね。それはきっと親の方からもあ… もっと見る
    自分が大人になると家族との関わり方で気づくことがたくさんあるなと最近実感しています。子どもの目線では気づかなかった優しさとか思いやりも、大人同士ならわかることもあるんですね。それはきっと親の方からもあるのだと思います。
    思いあえる家族でいたいですね(^^)
    +24 -2

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。