暮らし 体験談 生理

「ツラすぎ」生理痛と冷え性のWパンチで毎月ダウン…そんな私を救ったのは

2
重い生理痛を抱える女性にとって、毎月訪れる生理期間は心身ともに大きな負担となっていることでしょう。緩和方法はさまざまありますが、この女性が選択した方法は……?

予定通りの生理と勘違い!出血、おりものの変化は異常のサインだった…

 

ひどい生理痛に、ひどい冷え性持ちの私は、20代のころ、生理がくるたびに腹痛や腰痛、発熱、嘔吐などに襲われていました。あまりのつらさに婦人科で相談したところ、ある方法をすすめられました。

 

続きを読む

ひどい生理痛に冷え性も加わって症状がさらに悪化

私は10代後半のころから生理痛がひどかったのですが、20代になると、これに冷え性も加わり、症状はさらに悪化。生理がくるたびに、腹痛・腰痛はもちろん、発熱、嘔吐、下痢が発症して1週間弱続くのです。これが本当につらくて……。


毎月のことだけに「つらい生理痛なんとかしたい!」と思った私は婦人科を受診。婦人病の診断は特にはされませんでした。
 

すすめられた漢方をしぶしぶ服用

その後、医師からは「症状を治したいなら、漢方を飲むしかないですね」というアドバイスが。そこで私は、すすめられた2種類の漢方をしぶしぶ飲むことにしました。


最初はまったく効果を実感できなかったのが正直な感想です。それでも飲み始めて半年から1年経たないころには、徐々に「よくなってきたかな?」と実感できるようになりました。


婦人科に通い、処方された漢方を服用していたのは約3年でしたが、通い終えたときには、あれだけ苦しめられた生理痛がすっきり解消! 今では、あのころのつらさが思い出せないほど、生理痛に悩まされることはなくなりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。