医療 体験談 逆子 妊娠 出産 帝王切開 切迫早産

切迫早産で入院→「やっと退院だ!」と思ったら、妊娠37週でまさかの逆子に!?

3

切迫早産で入院→「やっと退院だ!」と思ったら、妊娠37週でまさかの逆子に!?

 

 

第二子出産のときのエピソードです。切迫早産になり、自宅安静→入院での安静からやっと正期産の時期まできたというタイミングで起きたビックリな体験をお話しします。

 

続きを読む

コロナ禍での妊娠。切迫早産で入院に…

第二子の妊娠では妊娠29週のときに切迫早産になってしまい、1カ月ほど自宅安静で過ごすことになりました。コロナ禍ということもあり、在宅ワークでどうにか切り抜けようと、病院以外は外出せずに過ごしていました。しかし、妊娠33週のときに病院へ行った際に、子宮頸管の上部が開き始めてしまっているということで緊急入院となってしまったのです。

 

それまで妊娠29週から子宮頸管の状態は変化せずに保たれていたので、突然の入院となり、すごくショックを受けました。最低でも妊娠37週までは入院ということで、上の子とそんなに長い間離れたこともなく、悲しくて泣いてしまいました。しかし、おなかの赤ちゃんを守るために必要なことだと思い、入院しました。

 

入院生活は精神的につらいと感じることも多かったです。コロナ禍で面会ができないため誰にも会えず、一日中ベッドで時間が過ぎるのを待つこともしんどかったです。また、子宮の収縮を抑えるための点滴ももれてしまい、入院中ずっと腕のどこかが痛いという状態でした。

 

待ちに待った退院の日…のはずが!?

そんな入院生活も約4週間が経ち、退院の日を迎えました。「今日で退院できる!」と思い、ずっとパジャマだった服も着替え、看護師さんにも退院して上の子と会うのが楽しみという話をルンルンでしていました。

 

そして、午前中の退院診察に向かいました。内診台に上がり、先生が超音波の器械を入れたときです。「あれー!? これ足だよね? 足が見えてる!」と言いました。

「えっ足!? 下からの検査で足!? なんで……」と思いました。そこから「超音波室に行って赤ちゃんの状態をしっかり見てきてください!」と言われ、すぐに超音波室に向かいました。そこでおなかを超音波で診てもらうと……、なんと逆子になっていました。

 

数日前の診察では頭が下だったのに、知らないうちに逆子になっていたのです。まさか、妊娠37週になってから逆子になるとは思いもしませんでした。

 

その日に退院できると思っていた私は、恐る恐る看護師さんに「もう今日は退院できないんですかね」と尋ねました。すると「そうですね……、先生も万全を尽くしたいと思いますからね……。また先生からお話ししにきますね……」と、ものすごく気まずそうに告げられ何となく悟りました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。